トキホコリ  植物

曇りですがやはりまだむし暑いですね。

九州、沖縄などは台風がまだ通り過ぎておらず、暴風が吹きまくっているようですね。

お見舞い申し上げます。

トキホコリは毎年、除草剤を散布されるので、その後に芽を出した個体が残るようにな状況です。

よくまあ消滅しないものです。

少しづつ薬剤に対する耐性を身に着けつつあるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回も、今度こそもうなくなってしまったかと目を凝らして探しましたw。

きっと残っているはずという希望的観測の下、20分くらいはかかったような気がします。

以前、ここにあったと知っている人でなければ、とてもみつけられないと思います。

周辺の小さな緑の葉はヒメチドメグサで、ところどころに花をつけていましたが、今回は撮影しませんでした。

匍匐して根を下ろすのでかなり増えています。

ヒメチドメは除草剤で黄ばんでいないので、耐性ができあがっているのかもしれません。

一番下の写真の花はハキダメギク。







AutoPage最新お知らせ