白花ハマナス  植物

2日続けて宇宙ステーションを見ることができました。

今夜はどうかな。

雲が出ると見えなくなりますからね。

今夜は14夜。ほぼ満月です。

今日は松川浦で見かけた白花ハマナス。

100年くらい前の相馬市ではおそらく白花はなかったのではないかと思います。

母は海辺の生まれで海浜植物の花が大好きでした。

30年くらい前に相馬市磯部と原釜を結ぶ海岸道路が造られた際ハマナスが植栽され、花が咲いた時はとても懐かしがっていました。

母が子供の頃は家の近くの浜にハマナスがあったそうで、そのかぐわしい香りを記憶していました。

その時白い花も咲いていたので、訊いてみたら、白いハマナスは初めて見たと言っておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回の大津波で松川浦周辺のハマナスも流失し、それでも流れ着いた先の数か所で生き続けております。

しかし白花は津波後は見ていなかったので、すべて流失したものと思っていました。

先日浦周辺を歩いた際、湿地の遠くになんとなくノバラの藪のような形が見えました。

望遠で覗いてみると、花が大きくて、葉も大きくハマナスのように見えます。

とりあえず撮影。

距離があったのでボケボケですが、ハマナスに間違いないと思います。

白花はすべてなくなったと思っていましたが、こんな所で生き続けていたのですね。

ハマナスはハマナシとも呼ばれることがあり、それはおやつとして食べたからだと聞いたことがあります。

食べるとナシのような味がすると聞いたので、食べてみましたが、果汁は少なく、ナシの味も香りも感じませんでした。

母と叔父叔母にも訊いてみましたが、ハマナスの実を食べたことはなかったそうです。

母は大正7年の生まれでした。






AutoPage最新お知らせ