モモ  植物

曇りかと思ったら先ほど降り出しました。

でもそろそろ梅雨明けが北上していますね。

今朝、台所に立っていたら咳が3回出てびっくり。

体温は36.2度でした。

玄関を開けたらモモが置いてありました。

何方が届けて下さったのでしょう。
どうもありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今朝は4時にはもう起きていたのですが、全然気づきませんでした。

ネコは最近、用意しているトイレを使わなくなり、トイレ催促で早起きになっています。

梅雨明けしたら即、猛暑でしょうから、睡眠はしっかり確保しなければね。



ボタンクサギ  植物

雨は降りませんでした。

一時、紫外線を気にかけるくらい空が明るくなりましたが、陽射しにはなりませんでした。

現在18時。

またまた降ってきそうなくらい暗い空です。

ボタンクサギは小さな花の集まりですが、大きな花に見えます。

花の作り方は違いますが、ま、ヒマワリなんかも同じで、小さな花の集まりですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ステキな色ですね。

意外に繁殖おおせいで、群生しやすい植物です。

ある公園でクサギというネームが立ててあったので、草取りをしていた方にボタンクサギと教えてあげました。

でも、今年もクサギのままになっていました。

余計なお世話様だったようですw。



ネジバナ  植物

一昼夜降り続いた雨もようやく止みました。

霧雨のような感じでまだ残ってはいますが、やや明るくなってきたので、止んだと言っていいでしょう。

梅雨明けにはまだ早そうで、今後もちょっとくらいは降るかもね。

気温が低くて、長袖を羽織っています。

梅雨明けと同時に、一気に暑熱地獄に突入していくのかもしれません。

先日、お墓掃除に行った時のネジバナです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ネジバナは色の変異がいろいろで、変わった色を探すのも楽しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

背萼片が濃いピンク、、側花弁が淡いピンク、唇弁、側萼片が白いネジバナ。

このタイプがとてもきれいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ネジバナのねじれの秘密w。

ねじれが右になったり左になったり、ねじれを作らない個体もあったりで、それもおもしろいです。

クリックすると元のサイズで表示します

墓地は日当たりがいいし、人もあまり歩かないし、いかにもネジバナが好きそうな環境です。

河川敷きや芝草の所も大好きで、群生がよく見られますね。

ランですがあまり欲しがる人もいないようで、最近はあちこちでクラスター状態ですw。

今回は白花はありませんでした。












カワラヒワ  

本降りです。

先日の大雨で決壊した球磨川がまた氾濫しましたね。

人吉市はまたまた水没です。

私の所も昨年の台風19号で氾濫、その後の大雨で再び洪水。

片づけを進めていたのに数日後には再び最初からやり直しで、ゴミ片づけで大変でした。

お見舞いを申し上げます、程度しかできないのが心苦しいです。

前線が一時も早く大きく移動してくれるのを願うばかりです。

カワラヒワは冬場ほどではないですが、この時期でもけっこう群れていますが、この時は1羽でした。

なんとなく♂のような気がしました。

♂♀の見分けは後で調べてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

松川浦の渚で採餌していました。

カワラヒワといったら野原や河川敷の荒地などで植物の種子などを食べているイメージがありますが、案外、動物性のものも食べているのかもしれませんね。

たとえば昆虫とか。

浦では小さな虫がたくさんいますから、効率よく採餌できるのかもしれません。

干潮時にヒバリが浦に下りて採餌している様子を見たこともあります。

餌をくわえて行ったと思うと、また戻ってきての時間から見て、子育て中のように感じました。

カワラヒワやヒバリが浦を利用して生活しているのは、たまに見かける程度ですから、まだ一般的ではないのかもしれません。

効率よく採餌できることから、子育ての時などはとても助かるなど、偶然に気がついた個体が利用している程度かもしれません。

きっとそのうち、真似をする個体が出てきて、やがてはヒバリやカワラヒワの普通の生活になるかもしれません。



ジャコウソウ  植物

野馬追祭最終日。

今日は南相馬市小高区の小高神社で野馬懸祭が行われます。

新型コロナのため、祭り自体が縮小されているため、8時半からは関係者以外は境内に入れません。

雨もよいの3日間でしたが、降るというほどではなかったです。

今朝も濃霧ですが、外に出ても顔にあたる水滴の感じはありません。

ジャコウソウはそれほど目立ちませんが、花色のピンクのせいかお気に入りです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

葉のところどころが黒っぽい紫になるのも不思議な点です。

紫外線のせいかなとも思うのですが、全体的には葉は緑ですからね。

紫外線が見えるという虫の目ならまた違って見えているのかもしれませんね。

ジャコウソウはこれまで3か所でしか見ていません。

わりあいに湿ったところが好きなようです。


ブルーベリー  植物

今朝は濃霧です。

鳥の姿もありません。

アロニアは一斉に熟しますが、ブルーベリーは毎日順々に熟していきます。

今日食べても、明日にはまた明日の分が熟しているという感じです。

庭に置いて食べるにはいいフルーツですが、これを商業的に摘むとしたら、とても手間がかかりそう。

農業は機械化が進んでいるといっても、手作業なしでは無理な部分が残りますね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大粒のブルーベリーは熟すのが早いので、もう全部食べました。

現在残っているのは40年くらい前に父が植えたブルーベリーを挿し木で増やしたもの。

改良前の原種に近い種類なのかブッシュになりやすいので、剪定が欠かせません。

草取りの合間につまんだりして、楽しませてもらっています。




ヤマユリ  植物

生き物やさんによると、今年の裏磐梯はマイマイガがまたしても大発生だそうです。

マイマイガは10年周期で大発生すると聞きますが、前に裏磐梯でひどかったのは数年前のような気がします。

知人もひどい湿疹、かぶれが出たことを思い出します。

幼虫も細かな毛を飛ばすので、毛虫に触れなくてもかぶれることがあります。

毛虫の毛が飛びますから、長袖着用、目に入らないようゴーグルやサングラスなどを使うようにしましょう。

虫さされの薬も忘れないで携行しましょう。


昨日は気持のいい青空が広がっていましたが、夕方になって小雨。
今朝もまだ小雨状態で、来週半ばまで晴れ間なしの予報です。

本来なら今日から3日間、相馬地方の夏祭り、野馬追祭禮が開催されるわけでしたが、今年は神事のみに縮小した形で行われることになりました。

雨降りの野馬追も大変ですが、一般に開放されない開催もなんか火が消えているような感覚です。


さて、ヤマユリ。

昨日午前中は天気が良かったので墓地の掃除に出かけました。

墓地の登り口に差しかかると、前方にヤマユリがたくさん咲いているではないですか。

あれ? こんなにいっぱいあったっけ?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

毎年7月末に掃除に来ていましたが、こんなにたくさんのヤマユリを見たことがありませんでした。

1週間違いで花の終わったころに掃除に来ていたのかもしれません。

清掃後、近くに行ってみると70個くらいの花が咲き、花をつけていない葉だけのものもたくさんあります。

大発見でした。

芝の所にはネジバナの群生。

オニユリもあり、まもなく開花のようでした。

よく知っているつもりの所でも、時期を替えて行ってみるものですね。


アロニア  植物

青空が広がっています。

気持ちがいいですね。

今朝はスズメとツバメが前の電線に27羽も並びました。

巣立ちして初めての爽やかな朝だったかもしれませんね。

庭の草は大変な状況です。

ブルーベリーの大粒タイプが食べごろになっているので、草の中に入ってつまんでみました。

するとその向こうにアロニアの実が黒くなっているのが見えました。

今年は大豊作で、たわわという表現が大げさではありません。

昨年の洪水が養分をたっぷり運んできてくれたからだと思います。

大きなざるにいっぱい採れました。

摘んでから、使い方を調べました。

レシピで検索したら、「このコツは伊達市の使い方です」という断り書きのページがありました。

最初、相馬市のお隣の伊達市かと思いましたが、今朝になってあの伊達市は北海道のことじゃないかと気づきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コツというのは、洗ったアロニアの実を冷凍、全解凍を3回繰り返した後に、ジャムやジュースにすると渋みが消えるというものです。

生で食べてもいい果実ですから、渋みといってもさほどではありません。

むしろこの渋みを活かした方が味に深みが出るのではないかと思います。

渋みのない赤ワインなんて全然でしょ。

レシピといってもジャムやジュースがほとんどでした。

リンゴ酢と合わせれば赤色がもっとますでしょうし、炭酸で割っても多分おいしいでしょう。

ハスカップで赤いご飯ができるように、アロニアでも試してみます。

お餅やソフトクリームとかもよさそうですね。

アロニアの栄養成分はアントシアニン、βカロチンなどブルーベリーやハスカップを抜き、ダントツです。

抗酸化力もすごいですが、これには果実の渋みが大きな役割を果たしているはずです。

この渋みを残すにはやはり果実酒かな?

追申:

我が家のアロニアは私が植えたわけではなく、数年前に鳥が運んできたと思われます。草取りの時にみつけ、「なんの木だろう」と思い、抜かないでおきました。
何の木か分からないまま2年が経ち、3年目に花が咲き、実がなりました。その時点でネット友からアロニアと教えてもらいました。
アルバムを見ると2018年に花が咲き、果実がなりました。
今年で5年目になるということですね。
果樹はやはり実がなるまで数年はかかるようですね。




AutoPage最新お知らせ