リュウキュウツツジ  植物

相馬市岩の子の長命寺のツツジです。

前に撮った写真が消えちゃったので、満開頃かと思い、行ってみました。

近くなのになかなか満開のいい時に出会えないんですよね。

10年ぶりくらいかもしれません。今回も2回目でようやくです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

相馬市の天然記念物になっています。

推定樹齢300年。この地には明治4年(1871年)4月20日に植樹されたとなっていますから、記録が残っているのでしょう。

リュウキュウツツジって何が特徴なのだろうと思い、調べてみましたがあまりよく分かりませんでした。

普通は白花で上の花弁2枚に淡い黄色の斑点があるそうです。

ツツジやツバキは古くから交配が重ねられていますから、いろいろな色のものが出まわっているのでしょう。

花の大きさはよく知られているクロフネと同じくらいです。

ツツジは花がたくさん着くので見るだけで疲れそうであまり好みではありません。

過剰に感じてしまいます。

でも1コづつ見ると本当にきれい。

参りましたというくらい、完璧な形と美しさです。





イタヤカエデ  植物

イタヤカエデももう花が終わって新緑かと思います。

あっという間なんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

投稿名のカエデですが、これはサトウカエデが由来ですw。

以前住んでいた家の庭にサトウカエデを植えていました。

何十年後かにメイプルシロップが採れたらいいなと、気の長いことを考えまして。

投稿名を考えていたらそのカエデに目が行ったものですから。

イタヤカエデからもシロップは採れるのだそうです。

ただ、甘さはかなり薄いとか。

山形だったかな。伝統的な生活を紹介した一冊に書いてありました。

樹液を採取できる時期は決まっていて、2月の半ばころのほんの短期間となっていました。

今日はあの本を探してみよう。。。

メダイチドリ  植物

曇り予報でしたが、雨です。

一昨日、娘の所からヤマボウシの苗木をもらってきました。

3年前でしたか、塀のすぐ際に顔を見せたのは。

それが、もう1mにもなっていてびっくり。

持ち帰ったものの、なにせもう1mで枝葉も繁っていますから、葉がしおれないよう水につけてあります。

今日の天気は願ってもない移植日です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

メダイチドリは数羽、キアシシギは数十羽の群れでした。

目ではよく見えるのですが、夕方の光のうえ、潮風が入ってきているらしく光が変に散乱してきれいに撮れませんでした。

メダイチドリをきれいに撮ってみたいですね。






AutoPage最新お知らせ