ハヤブサ  

お正月に見かけたハヤブサ。

タゲリの群れを見張っているようでした。

タゲリはハヤブサの周辺で飛び立ったり、舞い降りたりを繰り返していましたが、ハヤブサにもタゲリにも緊張感のようなものは感じられませんでした。

地上からではタゲリもそんなにやすやすとは捕まらないと思っているのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

みつけたのはハヤブサの後方で、しかも逆光。

とりあえずの証拠写真。

その後、飛び立たれるのを覚悟で前進。

しか〜し、ハヤブサはじっとしたままでした。

通り過ぎてからも、まだそこにいました。




ソシンロウバイ  植物

サンシュユの枝からヨーグルトを作れるんだってよ

と、Yちゃんが言うので、実験のため枝を採りに行ったら、ソシンロウバイが満開になっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

洪水の片づけで時間をとられ、ロウバイのことをすっかり忘れていた。

隣りのマンゲツロウバイは1輪だけ咲き始め。

サンシュユはまだつぼみ。

サンシュユの枝、おそらく樹皮あたりには乳酸菌が多いらしく、牛乳200ccに10cm程度の枝3本くらいを入れ、42度で20時間保つとヨーグルトができるとなっている。

ネット検索でもたくさんヒットするが、農文協で出している『食べる薬草辞典』を買ってみた。

枝に着いたヨーグルト菌を種に、2〜3度新しい牛乳に植え替え、ヨ−グルトを増やしてゆく方法が書かれている。

1日目でできたヨーグルト部分を試食したが、あまりおいしいヨーグルトではなかった。

おいしいヨーグルトを食べ馴れているせいかもしれないが、サンシュユヨーグルトは実験以外ではお勧めしない。

出来上がった種菌は、冷凍保存がきくか、どうかが問題であるが、当分保存のつもり。





AutoPage最新お知らせ