鰹節  

予報どおりの雨。

ポテトサラダを作ったり、ソバの実をゆでたり、もち麦をゆでたりして保存して過ごしています。

キュウリの古漬けも作りました。

正式な古漬けかどうか分かりません。

からし漬けという名になっていますが、先日おためしで作ったところ、歯ざわりもサクサクでとてもおいしい。

2週間後から食べられ、その状態で春先までもつそうです。

メニューでは一年もつとなっています。

なにより、常温で大丈夫という点がたすかります。
冷蔵庫に入れておくのでは、場所塞ぎですからね。

昨日買ってきた鰹節を今朝開封。

すると、切り口が雲の波みたいになっていました。

これまでは直線に切り取られ、その下のファスナーを開くのに手間取ることしばしば。

自分で切り口の裏表に段差をつけて使っていましたが、改善されたのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

鰹節は私も好きですが、ネコが大好きで、よくせがまれます。

削ってあるものは一旦水気を飛ばすというか、中華鍋で焦がさないように生臭さを飛ばし、手で握って適度に細かくして使っています。

ところがネコは、袋から出したままの削り節が好きで、最近では鍋で炒ったものは食べなくなりました。

削り具合がまるでカンナで削ったように幅広なので、食べにくいと思うのですが、でも臭いは生に近い成分が残っているのだと思います。

今朝はもう2回も食べました。

削り節だってやはり新鮮なのがおいしいのでしょう。







AutoPage最新お知らせ