小豆  

台風15号はいわき市あたりから東海上に抜け、相馬市はほとんど普通の雨降りでした。

心配していた風もまったくありませんでした。

田んぼは、「天の粒」は大丈夫でしたが、「コシヒカリ」はやはり倒れましたね。

コシヒカリは背丈が高くなるので、稲穂が重くなるこの時期に雨が降ったり、風が強く吹いたりすると倒伏しやすい種なのです。

お米の好みで、相変わらずコシヒカリを植えた田んぼは、みごとというくらいに倒れ、遠目にはまるでそこに田んぼがないかのごときです。

「天の粒」はすっくと立っていますね。

今日は外出はしないと決め、台所でいろいろやっていました。

ブルーベリーは摘んでその場で食べるのが一番おいしいのですが、そろそろ収穫の時期で、食べきれないくらい摘めます。

昨日の食べ残しをジャムにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ジャムができあがるころ、パンが焼きあがりました。
昨日の観察会で、天日干しのゆかり粉をいただいたので、それを混ぜています。
もっと混ぜてもよかったかも。

去年の小豆もそろそろ食べなきゃいけないし、お彼岸も近いことで小豆をゆでておくことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

茹でておくといろいろに使えて便利です。

ゆでたまま味付けなしでそのまま食べるのが一番好きですが、小分けにして冷凍にしておきます。

おはぎだけでなくご飯にしたり、おこわにしたり、サラダ、味噌汁、ヨーグルトなどいろいろです。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は前に冷凍にしておいた小豆で、あまり甘くない水ようかんも作りました。


ミズアオイ  植物

こちらは11時15分現在、普通の雨降りです。

風は全くありません。

昼頃に東の海上を通過の予報です。

南の方は暴風の影響が大きく、千葉の従弟のあたりも夜中から停電し、まだ復旧していないようです。

被害のあった皆様、お見舞い申し上げます。

昨日は新地町埒浜に新しく整備された公園と相馬市の松川浦県立自然公園の観察会。

朝から一日中快晴で、直射日光の下での観察はそりゃもうたいへんな眩さ。

何もかも、どこもかしこもスポットライトを当てられているような眩さでした。

数百キロまで近づいていた台風15号の影響で、突き抜けるような青空の下、海だけが大荒れしていました。

青い空の下、青い海原に真っ白な波頭で描かれる絵は、それはまたすばらしく美しかったです。

午前中は公園ができるまでの経緯、津波以前の地形と津波後、復旧後の地形の比較などの講座がありました。

その中になぜか、ミズアオイの解説が差しはさまれていました。

整備された公園内にミズアオイが出ていることは出ているのですが。

クリックすると元のサイズで表示します

スライドの画像を再撮影したのでちょっとボンヤリですが、拡大してご覧ください。

小雄ズイから見て、右側、あるいは左側に大雄ズイがあるという解説です。

たまたま、午後から撮影した中に解説にぴったりの画像がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

株元が写っていなかったのが残念ですが、同個体の別々の枝です。

大雄ズイがそれそれ右と左に寄っています。

同個体の中に発生があるものの、写真を見ると枝ごとには右あるいは左となるのかもしれません。

これまでの写真の確認と、観察を続けたいと思います。

Wang 先生は震災後にミズアオイが大発生した際、相馬地方のミズアオイを何体かお送りした先生です。










AutoPage最新お知らせ