シナノキ  植物

朝方までの雨が上がり、風がややあるものの、蒸し暑いですね。

むし暑いのは梅雨の終わりに近づいているしるしなのでしょうが、でもまだ7月は4日ですものね。

数日前、シナノキの花を見に行ったら、山からは滝のように水が噴き出し、2か所ばかり大きな石が道に落下していました。

軽トラックで行ったので通り抜けはできたものの、怖かったです。

あんな大きな石の下敷きになったら、助かりっこないですからね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

シナノキは相馬地方ではたまに見かけます。

今回の所は対岸の山が一望でき、シナノキの花で山肌が白く見えるくらいあります。

霊山でもあちこちで見かけています。

シナノキは古代から繊維を採り、織物や編み物が作られていました。

江戸時代に綿が普及してからはあまり利用されなくなりましたが、伝統工芸として技法が引き継がれ、残されています。

昨年、山形県のスカシユリを見に行った際、立ち寄った温海温泉道の駅に「羽越しな織」の製品が展示されていました。

現代の用途にあった帽子やバッグなどもありました。
すべて非売品の展示でした。

シナノキの樹皮を剥ぐところから始まるわけですから、大変な手作業が重ねられるのでしょう。

シナノキは15年前後で伐採し、梅雨時が伐採時だと聞いてきました。






AutoPage最新お知らせ