アジサイ  植物

昨日午後から降り出した雨が今朝も続いています。

しとしとと、梅雨最中らしい雨です。

昨日は福島市の風花(かざはな)画廊に、三浦麻梨乃さんの銅版画展を見に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

福島市までは1時間半もあればゆうに着きますが、あちこち梅雨時の山の花を見ながら行ったので、2時間40分もかけてしまいました。

その上、近くまで行ってからウロウロしてしまい、昼前に出かけたのに画廊到着は15時過ぎw。

しかし、まあ、久々に日常の生活空間から離れて、画廊前の雑木林にさえ目をみはってしまいまいした。
来る途中もずっと山の中を走って来たのにw。

クリックすると元のサイズで表示します

バックで入れた車から下りたとたんにみつけた青い花。

クリックすると元のサイズで表示します

幻のアジサイと言われているシチダンカですが、まるでエゾアジサイのあの青です。

シチダンカ(七段花)はシーボルトの『植物記』以来130年くらい行方不明で、絶滅したと思われていたアジサイです。

昭和34年に六甲山で再発見。

クリックすると元のサイズで表示します

とてもきれいなアジサイで、シーボルトはこのシチダンカにオタクサ(妻の名であるお滝さん)と命名したかったそうですが、すでに命名されてしまっていたということです。

Hydrangea serrata (Thunb. ex Murr.) Ser. forma prolifera (Reg.) H. Ohba

風花画廊での三浦さんの個展は本日まで。

御用がなくて、おうちにいるだけの方はぜひお出かけください。

エッチングの細やかさの極みのような、ウサギやイノシシ、ネコ、イヌなどの毛並みにびっくりしますよ。

タイトルの感覚は私の言葉感覚にとても似ていて、当然楽しいことこのうえなかったです。

画廊前は新緑の雑木林なので、空気がとても新鮮で、それにも驚くかもしれません。






AutoPage最新お知らせ