ヘラサギ&クロツラヘラサギ  

北海道は軒並み高温記録ですね。

39.5度という町もあったような。

北海道で5月に真夏日ですよ。びっくりですね。

こちらは気温は高いものの、直射日光の下でなければ風は爽やか。

特に海辺は涼しくて本当に気持ちのいい風が吹いています。

海面の水温は意外に低いような気がしまう。

情報をいただいて、珍しい鳥を見てきました。

初めての出会いなので写真をいっぱい並べます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

嘴のオレンジの目立つ方がヘラサギ。

冠毛が目立ち、嘴が黒い方がクロツラヘラサギ。

クロツラですから、黒い顔の方がクロウラヘラサギです。

クロツラは過去にいわき市に、ヘラは相馬市に飛来したことがあるそうです。

4時間以上眺めていました。

警戒されてすぐに飛び立つかと思ったのですが、4時間近く片足で立ち、眠っていました。

いろいろな形を撮影できたのは、時々、ノビをして体をほぐしていたからです。

別の田んぼに移動して採餌を始めましたが、10分も経たないうちに、2羽揃って再び片足立ちの眠り。

感じたのはとても平和な鳥だということですw。




環天頂アーク  

つい先日、逆さ虹を見たばかりなのに、今日も見てしまいましたw。

先日は太陽がまだ高かったから、虹の下のほうだけが「逆さ虹」になって見えました。

今日は日没ちょっと前だったので、太陽と同じ側に、太陽の左右の空に虹色が見えました。

月によくかかる暈のような感じですが、もっと大きく、西の空の低いところに太陽があるので、下のアーチは見られませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

先日もでしたが、今日も天気予報などで話題になっていないので、投稿することにしました。

写真ではちゃんと見えるように撮られなくて、残念。



オオバン  

今日もいい天気。

真夏日予報が出ています。

我が家の裏山のカラスの雛がかえり、朝から鳴いています。

鳴き声はちょっとオノマトペじゃ表現できないような声です。

ダミ声で甘えているような鳴き方ですw。

オオバンを見に行ったら、こちらも雛が孵っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

3枚目の雛の写真はYちゃん撮影のものを拝借。

沼には成鳥が3羽、雛も3羽です。

大人の3羽は、2羽が親鳥、1羽はもしかしたら昨年生まれの子供なのかも。

雛の1羽は行動が遅くて、ファミリー全体を写せませんでした。

雛は親鳥の後を着いて泳ぎ、親鳥は時々、水草や藻のような柔らかで長いものを水中からむしって子に咥えさせていました。

新鮮な食べ物の上に棲んでいるようなものです。

雛は頭頂部など羽毛がなく、ハゲ頭同然。

人間の形から言うと、オオバンの雛は老人の形から逆に人生を始めるような感じw。

雛の羽毛は最初は白いので、眉のあたりなど人間の白髪眉にも見えますw。







AutoPage最新お知らせ