イカル  

まりも用のマタタビを採りに行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

雨降りで枝々に水玉が並び、きれいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

鳥はあまりいませんでして、往くときにアトリの群れらしいのと、ツグミくらい。

帰りにまた群れで飛ぶのがいたので、何の鳥か確認のため簡単に撮影。

シメのように見えたので、1枚だけで帰ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

パソコンに取り込んでみたら、シメじゃなくイカルでした〜

初めての出遭いだったのに、ガッカリです。

もっと粘ればよかった・・・

往くときに見かけた群れも、アトリではなくおそらくイカルだったのだと思います。

天気のよい日にもう一度行ってみましょう・・・



ザゼンソウ  植物

ザゼンソウの所に寄ってみたら、もういっぱい出ていました。

今年は乾燥気味ですが、生育地は大きな台地の端っこなので、ゆるやかに水が流れ下って来るようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昔々から、こんなふうに水が流れ下っていたのでしょうね。

畑や水田が開墾される前は、ゆるやかな斜面の林だったのでしょう。

開墾されても水は低い方へ下ってきますが、途中に大きな堀や道路が造られたことで、流れは分断され、水量もかなり減ったと考えられます。

それでも、堀の底のさらに下を下る水が、ザゼンソウの生育を支えているのだと思います。




キクイタダキ  

Yちゃん撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

よく撮れたものです。

わたしはまだ撮れていません。



アカバナマンサク  植物

昨日は南相馬市原町で用事があり、その帰り原町から新地町までの海辺をあちこち見てきました。

ハクチョウの大きな群れが4つほどあったのですが、どの地点でもすでに姿がありませんでした。

やはり、北へ旅立ったのでしょう。

昨日午後はちょうど干潮の時間帯だったせいか、水鳥もカモ類はほとんど見かけず、海にヒドリガモが10羽くらい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

河口ではユリカモメの群れと、コガモ、カルガモ、オオバン。

アオサギ、ダイサギは若鳥がたくさん出ていました。

カモたちも旅立ったのかもしれませんね。

新地町まで行ったついでに、アカバナマンサクを持つお宅に寄りました。

七夕みたいに、一年に一度会うのもいいものです。



カモ  

カモの行進

宮城県岩沼市朝日山公園にて

Yちゃん撮影


オオセグロカモメ  

今日も暖かなまま一日が暮れました。

明日はもっと暖かくなるそうで。

こんなに暖かな冬でいいのかとも思いますが、暖かいとやはりうれしい。

カモメはやや苦手ですが、オオセグロカモメとします。

クリックすると元のサイズで表示します

波遊びをしているとは考えられませんが、一見、波と鬼ごっこみたいですw。

北帰行  

8時半現在、曇って暗い。

天気図を見ると、この雲は東に流れていき、青空になるようですが・・・

昨日は春が一気に到来のような一日でした。

巷では、「春はすぐそこ」というフレーズが流行っているらしいですね。

でも、昨日は「春が来た」という暖かさでした。

桜のころより暖かかった。

裏山の整理をしていたら、ハクチョウの声。

北帰行が始まったらしい飛び方です。

どうして北帰行に見えたのかと言いますと、普段見かける飛翔は低い空を横移動で、飛び方もなんとなく余裕のあるゆったり感の飛翔です。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日の飛翔は、山の中腹以上の高度を保ち、北に向かっていました。

しかも、個人的な印象ではありますが、飛び方自体が強い覚悟をもったような、意志を感じさせる力強い羽ばたきでした。

昨日は、北ヘの旅の開始と感じたのは、3つのグループです。

写真のこの風景のちょっと左に、相馬の人なら誰でも知っている、塩手山があります。

塩手山を過ぎて飛ぶハクチョウの群れを撮影したかったのですが、カメラが間に合いませんでした。





エノキ  植物

朝から快晴。

夕方からまた下り坂の予報。

風さえ吹き荒れねば、下り坂もまた、よし。

昨日、知人宅の居久根伐採。

途中から、風が強くなり心配だったが、大きな重機で幹ごとがっちり捉えてしまうので、風などへっちゃらのようでした。

古い納屋などを解体した跡地の周囲に立つ杉、ケヤキ、アカメガシワなど大木ばかりです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

古い方のじょうぐちに立つエノキ、ケヤキ、スギの大木も伐採予定。

居宅の下まで根が太り、建物の心配をするようになったので、こちらは根もできるだけ掘り起こすそうです。

お祓いの後、大きな重機が2台入りましたが、1台は古いじょうぐちが狭くて入れず、先に入った重機が、あっというまにじょうぐちの石垣をどけてしまいました。

このエノキを眺めるのが好きで、遠回りして帰ることもしばしばでした。

エノキは一里指標の木としても知られますが、和鞍の材としても使われ、野馬追がある相馬地方では、現在でも鞍用の材として欲しがる人がおります。

このエノキも以前、欲しいと依頼されたことがあったっそうです。












AutoPage最新お知らせ