ネコ  動物

立秋は雨降りですね。

さすがに涼しい。

獣医さんの所はいつも外で待つ人や車中で待つ人でいっぱいなので、ネコの健康診断を延期していました。

たまたま昨日通りかかったら、駐車場に車がありません。

雨の月曜日だから?
こんな日もあるんだ・・・

用事は一つでおしまいにして、自宅に戻り、ネコを連れて受診。
結果としてはダニなし、虫は虫下しを飲ませてもらいました。

明日の便に虫がまじっていなければ O.K とのこと。

他に、念のため、ダニよけ、ノミよけの液体を何か所かに垂らしてもらいました。

受診で分かったことは、このネコはスコティッシュ フォールドのミックスなんですって。
びっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

耳は折れていませんが、耳翼(じよく)の形や硬さでそれが分かるんですって。

耳翼は簡単に言えば耳のパラボナの形をしている部分のこと。

耳は皮膚でおおわれていますが、皮膚の下には付け根から立ち上がる軟骨があります。。

普通のネコやイヌ、私たちも耳を後ろに倒せるのに、スコティッシュは軟骨が固くてそれができないそうです。

確かに私も、耳掃除の時に「ネコの耳って後ろに倒れないんだっけ?」とは思っていましたw。

獣医さんもアシスタントの女性もスコティッシュに触れたことはあるそうですが、こういうふうに耳翼全体が固いネコには初めて出会ったと言っていました。

100匹、いや、1000匹に1匹いるかどうかとも言っておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ネコを捨てた人はスコティッシュを飼っているということなんでしょうね。

ミックスが生まれてしまってガッカリして捨てたのかしら。

今年は父の新盆で、お客様が続いていますが、たいていの人がネコの人懐こさに驚いて帰ります。

子ネコだからだと思っていましたが、スコティッシュの性格の第一の特徴が人懐こさなんですって。

スコティッシュ自体は骨の奇形を固定した種だそうで、成長するにつれていろいろと障害が出て、飛んだり跳ねたりが出来なくなるらしい。

ミックスに生まれついてむしろラッキーということです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

だいたい生後2か月強だそうで、オスなので半年後あたりに去勢を勧められました。










AutoPage最新お知らせ