フナバラソウ  植物

今朝も夏空です。

猛暑は明日までで、明後日から5日間は雨続きの予報です。

田んぼは今のところはまだ水が間に合っています。

問題は畑と庭。

帰宅して庭の乾燥かげんを見やると、フナバラソウの葉が垂れたり、巻き加減で、水不足です。

ジョーロで水をあげようとしたら、あれ、まあ、立派な果実ができているではないですか。

どうして気づかなかったのでしょう、こんなに大きな実をつけているのに。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このフナバラソウの故郷は墓地です。

オオキンケイギクに埋めつくされている墓地で、草刈りや除草剤が散布されます。

出遭ったときも、背丈が20cmくらいで、除草剤散布後で、黄ばんで青息状態でした。

しばらくきれいな水につけておいて移植したら、翌年に芽を出しました。

今年で3年目だったかな・・・?

背丈は1mくらいにもなる植物なのですね。

産毛のような毛におおわれているので、ちょっと離れて眺めると銀色の光を放っているように見えます。

今朝になって気づきました。
葉が元気に立ち上がっていると、果実は葉の内側に隠されるような形になるようです。
守っているのかもしれませんね。









AutoPage最新お知らせ