ヤマガラ  植物

お利口さんのヤマガラですw。

福島市小鳥の森にて。

目の前を一瞬飛び過ぎたのはシジュウカラです。

窓ガラスにぶつかったのでびっくりでした。


メジロ  

福島市小鳥の森にて


ヤマガラ  

昨日より今日の方が天気はずっといいのに、風が強すぎ。

昼頃、南相馬市回りで飯舘村に行こうとしたら、登りに入るずっと手前の社地神地区で大きな事故があり、戻ってきてしまいました。

パトカーが何台か、消防車、救急車がものものしい。
交通整理をしている警察官もおりましたから、片側通行可能だったと思いますが。

今日でなくとも良い用事なので引き返しました。

道路のすぐ南側に杉林が続いているので、昨夜の雪が凍結状態のまま。
外気温を見ると1度でした。

杉林が日陰を作っている道路は、マイナス気温でなくとも凍ったままなので危険ですね。

所有者は杉の手入れをすべきです。
社会的な責任というものです。

写真は昨日のヤマガラ。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

昨日は福島市の小鳥の森に行ってきました。

シジュウカラ、ヤマガラ、アトリ、シメ、アカゲラ、カシラダカ、メジロ、ヒヨドリ、ツグミ、カワラヒワ、マヒワの11種類を見ることが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

ネイチャーセンターの方にもとてもていねいに対応していただきました。
ありがとうございました。






マガン  

マガンがたくさん来ています。

80羽まではカウンターで間違いなく数えましたが、それ以上、おそらく100羽以上です。

遠くから数えるので、重なって見分けがつかなく、正確な数字は出せませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ケガなのか、奇形なのか分かりませんが、左足をしっかり立てることができない個体です。
飛び立つことはできます。
クリックすると元のサイズで表示します

ハクチョウは1000羽以上。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは冬水田んぼのハクチョウ。
人馴れして近づいてきます。

アメリカコハクチョウが1羽来ていました。
クリックすると元のサイズで表示します







ネット不通  

インターネットにつながらないので、ちょっとお休みします。
IPadから送信しています。

シメ  

今日の帰りも川土手を帰ってきたら、目の前を横切った数羽が・・・

ホオジロかカシラダカかなと思ったのですが、一応確認・・・

クリックすると元のサイズで表示します

おや、シメじゃないの。。。

川向うの枝の中でしたが、久しぶりなので撮影してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

庭が乾燥しきって埃っぽいので、水やりをしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今日は春のような暖かさなので午後の水やりでも大丈夫だと思いますね。



光のモニュメント  震災・災害

今年も3月10日、11日、12日に実行されます。

12日は飯舘村に移動予定です。

動画は14分近くありますので、お時間の余裕のある時にご覧ください。

https://youtu.be/s68gUyqA9K0

南相馬光のモニュメント2017  ストーリー

1920年その昔、南相馬市には高さ200メートル東洋一の高さを誇る原町無線塔(通称:無線塔)と呼ばれる鉄筋コクリート製の電波塔が、威風堂々と街のシンボルとして建っていました。
1923年9月1日に起きた関東大震災の第一報を、当時の最先端技術である無線電信により、サンフランシスコに打電。大震災の発生を世界中に知らせる大切な役割を果たしたが、新しい無線技術の開発とコンクリートの老朽化に伴いその役割を終え、昭和57年3月に解体され街のシンボルとして愛され続けてきた無線塔はその姿を消しました。
平成30年3月、無線塔解体から36年目を迎えた今、3つの地域(鹿島・原町・小高)から5本の光が集まり、光のモニメントとして姿を現した無線塔の姿に、私たちは何を思い、どんなメッセージを託すのでしょう。

第一回目の光のモニュメントをおこなった昨年は、3月10日に南相馬市市内5か所(鹿島区2ケ所・原町区1ケ所・小高区2ケ所)で光を灯し、翌日の11日は、南相馬道の駅西側にある高見公園内に、南相馬市内5ヵ所で光を灯した5台のサーチライトを集め、無線塔の在りし日の姿を再現。
南相馬市内3つの地域(鹿島・原町・小高)から光を集めることによって、この地域に関わりのある人々にとって、気持ちを寄せ合える場を作ると共に、無線塔の在りし日を知る人には懐かしく、無線塔の存在を知らない世代には新しい空間を作り出すことで、世代間の交流と意識の共有を目指し、心の復興と共に、地域への愛着のある人材が受け継ぐイベントになるようこの事業を企画しました。

 そして、2018年3月、第二回目となる光のモニュメントは下記の日程で開催予定。

※活動予定
3月10日 @南相馬市小高区摩辰・大富地区、A小高区光慶寺、B南相馬市原町区萱浜、C南相馬市鹿島区南右田、D鹿島区宝蔵寺にて各一台のサーチライトを使用して開催予定。18:30〜21時頃まで

3月11日、南相馬市原町区高見公園にてその昔、地域のシンボルとして親しまれてきた無線塔の在りし日の姿を再現。18:45頃から点灯式、終了時間未定。

3月12日 飯舘村道の駅・山津見神社・綿津見神社の三ヶ所に各一台のサーチライトの光を灯します。18:30〜21時まで点灯予定
今年は、光のモニュメントを飯舘村でも開催予定!
点と線をつなぐように先人の残した歴史と文化を辿りながら、新たな復興へのストーリーを探ります。








アカゲラ  

「生業から見る相馬市の民俗」に参加。

民俗学は他地域の文化も面白いですが、地元の民俗は毎日の暮らしそのものでもありますし、今日の生活に連なっている過去の文化の変遷でもあるので、本当に興味がつきませんね。

一応、写真。70名くらいの参加があったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

16時くらいに終了したのですが、あちこち道草を喰って、最後は宇多川の土手を帰ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

そしたら思いがけなくもアカゲラをみつけました。

クリックすると元のサイズで表示します

もう日没近かったのでカメラはもうバッグの中。

距離もありましたが、ISO800でもぶれぶれ。

クリックすると元のサイズで表示します

腰も黒く、肩口部分に白の逆ハの字。

後頭部に赤色がないのでアカゲラの♀ですね。

ガッカリしてカメラを収めようとしたら、ずっと手前のすぐそこにノスリが。。。

クリックすると元のサイズで表示します








AutoPage最新お知らせ