ハマギク  植物

娘一家が相馬市の国道でハクチョウの群れが飛んでいくのを見かけたそうです。

どこかもっと南に向かっていたのかもしれませんが、季節の脚の速さには驚きます。

ハマギクが咲き始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕方だったので、輝きにはちょっと欠けます。

ゲンノショウコ  植物

2011年の津波ガレキに乗った生物が集団でアメリカ西海岸にたどり着いているのだそうです。

考えてみれば、ありえますね。

何百年かに1回の津波でも、生物が大移動する可能性はあるわけで、飛行機や船で海を渡る人間だけが運んでいるわけじゃないと思うと、気が軽くなりますねw。

謎が解けた時みたいにw。

我が庭のゲンンショウコ。

クリックすると元のサイズで表示します

相馬地方のゲンノショウコは白い花を咲かせますが、最近ではピンクも時々見かけます。

我が庭のものはおそらくキクの鉢が運んできたものです。

つまりは人の手が運ばせたものです。

きれいですが、道路など外に出ないように気をつけています。







ツバキ  植物

今年はツバキも豊作です。

これまでで一番くらいの実の着き具合です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここ2年、油を搾るつもりで実を集めているので、楽しみです。

落ちるとすぐに虫が入るので、落ちる前に採りたいものですが。

ミズオオバコ  植物

裏庭のゼニゴケ退治をしていたら、頭上で突然、ピーッと猛禽の声が。

屋根のすぐ上あたりで、ノスリが3羽のトビから逃げ回っていました。

最近、トビが増えているような気がしますね。

自宅近くを走る国道のバイパスの街灯には、以前はノスリやウミネコが羽根を休めていましたが、最近ではトビの姿をよく見ます。

さて、ミズオオバコ。

クリックすると元のサイズで表示します

以前、洗面器の中にミズオオバコが咲いてびっくりの記事を書きましたが、最近では毎日数個の花を咲かせています。

こんなにたくさんの葉があるのですから、花も次から次です。

ミズオオバコの葉は普通は普通のオオバコのように丸い感じですが、この洗面器の中では披針形ですw。

狭い、過密、栄養不足などが関係しているのだろうと思います。
日光だけは十分かと思いますが。

このまま置いたら種子が落ちて、来年も出てくるかしら。

そしたらもっと過密度が増しますね。







ダキバヒメアザミ  植物

今日もいい天気ですね。

明後日は雨予報なので、明日、コンバインの調子を整備する意味で試し稲刈りになるかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

白い花はゴマナかもしれません。

ヒメシオンを見たことがないので、念頭に置いているのですが、葉の形がシオンのような細い披針形ではないのでゴマナとしました。

アザミはダキバヒメアザミです。

タニジャコウソウ  植物

暑い一日でした。

稲刈りを始めている田んぼが3か所ありました。

今はコンバインで刈り取るので、1週間もするとすっかり冬景色になります。

まだこんなに暑いのにね。

半袖の一日でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ジギタリスの花も好きですが、やや小ぶりのタニジャコウソウの花も好みです。

木陰の地面近くに隠れるように咲いているのがおもしろい。

アリが登ってきて、行き来していました。




キクモ  植物

たまたま覗き込んだ水田にキクモが小さな花を咲かせていました。

クリックすると元のサイズで表示します

水田は稲刈り前ですでに水を抜いていますが、さすが水田。

乾燥までは行っていないので緑のまま花も咲かせています。

メダカを飼育しているので、数株いただいてきました。

ミミカキグサ  植物

ヒガンバナもそろそろ終盤。

かなり黒ずみが目立ってきたので、今日は刈り払いをしました。

殺風景になったような気もしますが、田んぼが黄金色なので稔り豊かな印象がまさる風景です。

ミミカキグサもそろそろ終わりですが、日当たりのよい所ではまだ咲き続けています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

紫色はホザキミミカキです。




AutoPage最新お知らせ