シロバナマンテマ  植物

久しぶりに海に行ったらシロバナマンテマが群生していた。

マンテマは詳しくないので帰宅してから調べてみた。

シロバナマンテマ、ホザキマンテマのどちらかなあ・・・

毛深さとか根元から数本もの茎を立ち上げていることから、シロバナにした。

同定の一番は花弁の切れ込みがないこと。

シロバナマンテマと呼ばれているが、白花のほうが標準なのだそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

海岸にはよく見られる帰化植物となっているが、初めての出会い。

オニハマダイコンの若い株にも出遭い、こちらは引き抜いて流木の上に晒してきた。

こんなことをやっても、とても追いつかないほど太平洋側海岸にも増えちゃっているけれどね。





AutoPage最新お知らせ