ヒラメ  

思いがけなく大きなヒラメが届きまして。
55cmくらいはあったでしょうか。

早速さばいてお刺身に。

カレイは煮つけ、ヒラメはお造り。
相馬地方ではそう言います。

と言いましても、こんなに大きなヒラメは大晦日くらいなもの。
大晦日でも我が家ではカレイの煮つけで、大きなヒラメは母がお歳暮に使っていましたね。

私も大きな魚1匹丸ごと扱うのは10年ぶりくらいかな・・・

カツオやサケは丸ごとでしたが、最近は切り身だけになっちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと食べちゃってからの撮影になりまして、失礼させていただきます。
クリックすると元のサイズで表示します

バラはお遊び。
葉は今日ちょうど娘からのプレゼントのキンジソウ。
葉裏が濃い紫色です。
別皿にすべきでした。
クリックすると元のサイズで表示します

お刺身、カルパッチョ、最後は「あけがらし」をお醤油で溶いて。
クリックすると元のサイズで表示します

ツマの大根は、昨朝、叔母が届けてくれたもの。

いただきものばかりのぜいたくな一皿でした。

大晦日のこのサイズのヒラメは6千円以上はします。

3日くらい前でしたか、スーパーではこの程度のサイズが1500円ででした。

まだまだ風評が影響しているのだと思います。







ホンダワラ  植物

松川浦に繁茂するホンダワラ。

クリックすると元のサイズで表示します

水もきれいに見えるし、食べても良さそうな気になります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

掻き寄せるものを持っていなかったので、眺めることと撮影にとどまりましたw。

水にゆっくり揺れる様は、その質感もあるせいか、なぜか豊穣をイメージさせます。



ダイサギ・カワウ  植物

サギの繁殖の様子をちょっと見に行ってきました。

近づくにつれ、頭上の空を行き交うサギの数が増えてゆきます。

アオサギ、ダイサギ、ゴイサギ、、、

あれ? カワウの黒いシルエットもけっこうあるじゃないですか・・・

カワウは津波以後、松川浦入口の枯れ松に営巣していました。

ヒナが孵るとまるで重奏のセミの声みたいににぎやかでした。

糞が絶えず落ちてくるので、林を抜けるのも大変でした。

それが今年は1コの巣も見当たらず、島はこざっぱりしてとても清潔な感じに戻っています。

クリックすると元のサイズで表示します

どこで営巣しているのか不思議でしたが、サギの営巣地に移動したようです。

津波から6年も経ち、松の枯れ枝が折れやすくなったからでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

サギの営巣地を侵略した感じに見えます。

営巣は今のところはサギのコロニーの周縁ですが、内側に入っているカワウも見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真は横顔ですが、ダイサギのヒナの正面顔は絵で知るカッパそのものです。



ツタウルシ  植物

松川浦は、昨年秋から離れ崎への桟橋や遊歩道などの整備に入っていますが、遊歩道そのものはまだ目印杭が打たれた程度です。

今年度中には遊歩道の整備もだいぶ進むのではないかと思いますが、なにしろ立ち枯れのままの松をまず整理しないことには危険すぎます。

刈り払いなどの前に、まずは枯れ松をすべて倒してしまわねばならないのではないでしょうか。

ヘルメットをかぶっていても、もしも枝一つの落下でも事故につながりそう。

クリックすると元のサイズで表示します

ここ数年、松川浦の枯れた松の木に営巣していたカワウが、今年はサギの営巣地に移動しています。

枯れた松の枝が自然風化で折れやすくなっているのが、カワウの移動の理由ではないかと考えています。

クリックすると元のサイズで表示します

藪にはウルシやツタウルシなどが繁茂しており、困難な作業のあれこれをつい想像してしまいます。

ツタウルシにかぶれた経験はありませんが、ヤマウルシよりひどいかぶれだと聞いています。

作業前にこうした危険植物についても伝えてほしいなと思います。
余計なお世話様でしょうが、つい・・・

一般の松川浦への立ち入りは、現在は大橋を渡った地点までです。

ついでなので、先日見かけた立派なヤマウルシの写真も追加しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ