クラマゴケ  植物

今朝は青空。立秋過ぎの朝のような爽やかさ。

西風が吹いているのでしょう、きっと。

昨日は雷が繰り返しやってきたので、家の中の片づけをして過ごしました。

最近、いろいろ重なり、玄関にもいろいろと置き去りにしたりしていたので、ようやくスッキリ。

ひょっこりお客様があったりすると、やはり気がとがめ、庭先で対応するしかありませんでしたw。

午後はちょっと昼寝をしたりで、雷鳴を聞きながらのんびりしました。

昨日は一枚も写真を撮らずに過ぎましたので、ちょっと前のクラマゴケ。

クリックすると元のサイズで表示します

これまで見たものよりかなり立ち上がり気味で背丈があり、しかも緑もとても美しく感じました。

クラマゴケの仲間としておいたほうがいいかな・・・


ケヤマウツボ  植物

今朝5時半過ぎ頃、突然の雷鳴。
普通の雷鳴と違い、どことなくくぐもった轟でした。
大太鼓の内側で聞く大太鼓の音みたいでした。

現在9時45分。雨も上がりました。
明日からはまた天気も良くなる予報です。

一昨日、片道30分ほどの所の山に入ってきました。

モミと夏緑が半々くらいの中間温帯林のモデルみたいな林でした。

前の晩、オニクがあったというメールが入り、そんなことはあるはずがないと思いつつ、寝付きにくい一夜を過ごしてしまいましたw。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝にメール送信者に会いにゆき、ヤマウツボの写真を見てもらい、その時点でヤマウツボとほぼ判明。

しかし、やはり確認してこなければ。

というわけで、ケヤマウツボが満載の林でしたw。

クリックすると元のサイズで表示します

モミジガサ(シドキ・シドケ)
クリックすると元のサイズで表示します

ギンリョウソウ
クリックすると元のサイズで表示します

ナツトウダイ
クリックすると元のサイズで表示します

ウリノキ
クリックすると元のサイズで表示します

野鳥の声がいっぱいの山でした。

サンコウチョウの囀りが続いているので、録音しようと動画に切り替えました。

欲を出して、近くで録音しようと移動したら、沢の向こうに飛んでいっちゃいました。

ゆっくりの移動だったのですが、鳥はちゃんと見ているんですね。

こちらからはまったく姿が見えないというのに。


ノイバラ  植物

ナニワイバラ、ハマナスと並び、ノイバラも大好きなバラです。

香りがすばらしいですね。

ただトゲが、、、最近は嫌いになりまして。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ノイバラの周囲は蜜を集めるハチの羽ばたき音がいっぱいです。

その繊細な音というのか、振動がとても耳に心地よいですね。

この繊細な振動はいつも明るい日差しの中にあります。

明るい陽射しとセットで思い出されます。

直木賞、本屋大賞の『蜜蜂と遠雷』も、風間 塵(かざま じん)のお蔭で、物語の中に常にこの羽音、この振動が聞こえているような気がします。






AutoPage最新お知らせ