リョクガクザクラ&オカメ  植物

リョクガクザクラ(緑萼桜)は、マメザクラの紅い萼や萼筒部が緑色になった種です。

遠目に紅白の霞がかかっているように見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらがリョクガクザクラ花弁は真っ白。

萼片はマメザクラと似ています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらがオカメ。
カンヒザクラとマメザクラを交配させた桜です。
イギリスで作られたとなっています。

花弁はピンクで、中央の濃い紅色はなんと花弁の隙間から覗く萼片の色です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この2種を並べて植えたこのお宅の感性にちょっと驚きました。
余りに美しすぎてという意味です。

小ぶりな花ですから、近くで見るとどちらかというと地味な種です。

でもちょっと離れて遠目で見ると、本当に霞のようなやわらかな色に染まります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのご主人はどこかでこの光景をご覧になって、植栽を思い立ったのかもしれませんね。
お留守でしたので、そのあたりは確かめられませんでした。

この花霞の中ではウグイス1羽とメジロが10羽くらい楽しんでいました。







AutoPage最新お知らせ