ゴキヅル  植物

昨年ようやく出会えたゴキヅル。

芽がでたかなあと先日立ち寄ってみましたが、沼の中ゆえ水深がありみつけられませんでした。

田植えの時期に入ったので、沼の水深ももしや浅くなっているかも・・・

さほど期待なしで出かけたのに、水がすっかり減り、沼の周囲を歩けるほどになっていました。

ゴキヅルの出始めの姿はもちろん見たことはないのですが、なぜか双葉を見かけただけでピンときましたw。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

背丈を伸ばした姿はガガイモにも似て見えました。

沼の水が退いたということは、周辺を徒歩で移動できるようになったということでもあり、ブラックバス釣りの人の足跡がすごい。

当然、ゴキヅルもけっこう踏みつぶされていました。

早く、また水がたまればいいなと思っています。




トウダイグサ  植物

明るい初夏の陽射しの下でも、さらに明るく灯っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

自宅前方を流れる小泉川の土手にけっこう出ています。

草刈りはいいとしても、田んぼによっては除草剤を土手にまで使う人がいて、それがちょっと困りもの。

希少種であることはさりげなく伝えているのですが。。。

バン  

一昨日は田植えをしていました。
風もなく暖かく、行楽日和でもあったでしょうが、農作業にとってはまさに田植え日和でした。

田植えと言っても一昔前とは大違いで、一人でもできる作業になってしまいました。
私の場合は、弟の田植えの手伝いですから、のんびりしたものです。

バンが来ている地点に近い田だったので、撮影しながらの手伝いですw。

バンは3羽来ているようです。

ファミリーなのか、あるいはもう1羽いて、2カップルなのかわかりません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



何の草をたべているんだろうと思い、動画にして拡大してみました。

なんと、ついばんでいるのはスギナでした。


リョクガクザクラ&オカメ  植物

リョクガクザクラ(緑萼桜)は、マメザクラの紅い萼や萼筒部が緑色になった種です。

遠目に紅白の霞がかかっているように見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらがリョクガクザクラ花弁は真っ白。

萼片はマメザクラと似ています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こちらがオカメ。
カンヒザクラとマメザクラを交配させた桜です。
イギリスで作られたとなっています。

花弁はピンクで、中央の濃い紅色はなんと花弁の隙間から覗く萼片の色です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この2種を並べて植えたこのお宅の感性にちょっと驚きました。
余りに美しすぎてという意味です。

小ぶりな花ですから、近くで見るとどちらかというと地味な種です。

でもちょっと離れて遠目で見ると、本当に霞のようなやわらかな色に染まります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのご主人はどこかでこの光景をご覧になって、植栽を思い立ったのかもしれませんね。
お留守でしたので、そのあたりは確かめられませんでした。

この花霞の中ではウグイス1羽とメジロが10羽くらい楽しんでいました。




桜あんぱん  

晴、風もなく穏やかな朝。

しかし、朝5時になると大型ヘリコプターが南に過ぎてゆきます。

浪江町の山火事が続いているせいかもしれません。
昨朝は5時と5時半に飛んでゆきました。

夕方はもう暗くなってから帰ってゆきます。
低空飛行なので、頭上の空をものすごい音に閉ざされたような感じがします。

山火事は落雷が原因と聞いています。

今朝は「佐野名物 桜あんぱん」をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

受け取った瞬間、ずっしりでちょっとびっくり。

サクラの花の塩漬けが中央に。

パンは5コ入っていて、その下には塩漬けの葉が一枚敷いてあります。

食べてみたらちょっと甘すぎの感じでしたが、おいしかったです。

佐野インターに寄ることがありましたら、ぜひどうぞ。


オドリコソウ  植物

たった今、知人からオドリコソウの電話があったので、オドリコソウの写真も載せることにします。

知人からの生育地は相馬市では新産地になります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この写真は南相馬市鹿島区のもので、1週間前くらいのものです。

相馬市では中村城址公園内にも大きな群落があるのですが、草刈りされてしまい花を見ること叶わない年があります。

今年はまだ行っていませんが、残っているといいですね。

相馬神社に登る黒橋の手前左に厩舎がありますが、その厩舎前を北の方に向かって進んだ右側が群落です。

ベニユタカ  植物

4cmくらいある大きな桜の花です。

ちょっと見、バラかとも見えます。

木や葉なしで、花一輪だけ見せられたらバラかと迷うと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

ガク片も当然大きくうっすらと有毛。

手持ちの図鑑では小花柄、ガク筒は無毛となっていますが、ガク片とともにガク筒の開口部あたりにもまばらな毛が見えます。。

クリックすると元のサイズで表示します

植樹後、10年くらいでしょうかね。

遠目にはセンダイヤかと思いましたが、立ち寄ってみて良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

ウワミズザクラ  植物

この花はゴールデンウィークの花ですね。

ドライブをしていると、どこまで行ってもどこまで行っても白い花を風に揺らしています。

クリックすると元のサイズで表示します

花のある時はいたるところで見かけますが、花がないとほとんど気づきません。

ウワミズザクラのつぼみは杏仁香(アンニンゴ)と呼ばれていて、塩漬け保存や塩漬けを天ぷらにして食べたりするようです。

今年は杏仁香もためすつもりでいましたが、すっかり忘れていました。

クリックすると元のサイズで表示します

花を見かけて思い出し、高枝鋏を持って出かけたものの、ほとんどはすでに花弁の白をのぞかせています。

おいしいと聞いていますが、香りはどうなんですかね。
クマリンなのでしょうか。

来年は木のある所をきちんと覚えておいて、緑のつぼみで試してみよう・・・







AutoPage最新お知らせ