チョウジソウ  植物

チョウジソウが咲き始めているなとは思っていたものの、いつのまにか満開になっていました〜

クリックすると元のサイズで表示します

フタマタイチゲもずいぶん増えました。
これがいっぱい増えて草取りをしなくてすむ日を夢見ていますw。

クリックすると元のサイズで表示します

庭で木陰を作るのはこのタムケヤマのみ。
夏の強烈な陽射しが苦手な小さな植物のよりどころにしています。

クリックすると元のサイズで表示します

カヤラン  植物

昨日は午後1時からカヤラン巡り。

16時近くだったと思いますが、解散。

写真を並べます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雨降りだったのですが、なぜか13時には雨が止み、帰宅してまもなくふと外を見ると、また雨降りに戻っていました。

さすが( ^ω^)・・・

アマサギ  

昨日雨の中、自宅前方の水田にアマサギ11羽が舞い降りました。

白いのも2羽入っていました。

白以外は婚姻色が出ていました。

後で写真を取り込んでわかったことですが、1羽は見た目に哀れなくらい様子が悪い。

羽毛も水をはじかず、ずぶ濡れの感じ。
気温が低いので寒そうにさえ見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

様子の悪い1羽は他の鳥からそばに来るなと言われているみたいに見えました。

いじめではなく、病気などの感染を忌避する行動ですから仕方ないですね。


黒龍(藤)  植物

去年の5月11日、黒龍というフジを見せていただいた。

知人の高校からの友人が余命を悟り、大事にしてきたフジの盆栽を知人に託したいということで、お誘いを受けてご一緒した。

長い人生の間に本当にたった一度きりの出会いだった。

そのフジが一年たってまた見事に開花したというので、先日12日に見に行ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

知人も責任を感じて大事に育てらしく、昨年よりもずっと見事な花つきだった。

黒龍は香りがとてもよい。
フジに近づく前から芳香に気づいたほどだ。

鼻を寄せてみたら、なんとシナモンの香りもあった。


イヌブナ  植物

雨がやや小降りになってきました。

細かな霧雨っぽい感じになってきました。

とりあえずは雨が止んでほしいです。

デジカメは雨には弱いですからね。

リュウキンカを見た日のイヌブナです。

クリックすると元のサイズで表示します

雨が三日も続いたら、山はもう夏景色ですよね、きっと。

リュウキンカ  植物

もう1週間もたってしまいましたが、リュウキンカ。

天気のいい日でした。

二年ぶりのリュウキンカは株数をかなり減らしていました。

間違えるはずはないのに、ポイントを間違えているんじゃないかと思ったほどです。

この日は思いがけなく新たな生育地に出遭いましたので、少しは慰められられました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一昨日からの雨が、今朝もまだ続いています。

今日はカヤランを見に行く予定になっているのですが、大丈夫かな・・・

ショウゲツ(松月)桜  植物

松月桜と並ぶと、西行の「その如月の望月のころ」を連想しますね。

ショウゲツという桜の種名なのです。

今年の旧暦2月15日は(如月の望月)は3月12日でした。

3月12日に開花している桜といったら、カワヅザクラくらいじゃないでしょうかw。

ま、願わくは、ですからね。

先日相馬市の涼ケ岡神社にカヤランを見に行ったら、拝殿に向かって左側に桜が咲いていました。

もう終わりかけではありましたが、ずいぶん遅咲きの桜です。

カスミザクラでさえもう散り終わりましたからね。

クリックすると元のサイズで表示します

イチヨウ(一葉)という種類かと思いましたが、中央がけっこうふっくらしています。
イチヨウはもうちょっと扁平な感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

落ちていた花を見てみると、雌蕊が2本。(イチヨウは普通は1本)
雌蕊全体が葉化しています。(イチヨウは雌蕊の下半分が葉化)

クリックすると元のサイズで表示します

後で祢宜様が高枝鋏で採ってくださった花。
葉化した雌蕊がまだ緑色を保っています。

近くに写っている白いモジャモジャはイチョウの雄株から落ちた花序です。
現場では気になりませんでしたが、写真では目立ちすぎですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

萼片はしっかりした形で、レンズでのぞくと鋸歯があります。

クリックすると元のサイズで表示します

萼片は普通5枚ですが、下の写真のように6枚のものが混じるのも特徴です。

クリックすると元のサイズで表示します

上の花の写真に戻って、花弁の縁がコスモスのように細かに切れこむのも特徴です。

コスモスよりやっぱりカーネーションに似た深く繊細な切れ込み方ですね。

若い葉ではあまりはっきりしませんが、葉の裏はやや白っぽいのも特徴です。






フジ  植物

知人がフジの花の天ぷらを食べたというので、私も試してみました。

粉をもうちょっと薄めに溶くべきでした。
花の紫が透けて見えるくらいにね。

花は甘いせいかすぐに焦げちゃいますからご注意です。
昨日は160度で揚げました。

揚げても香りは残ります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

フジの花が余ったので今朝はサラダに使ってみました。

ちょうど娘が庭で栽培しているいろいろな野菜のベビーリーフをいただいたばかり。

2倍酢を沸騰させ、フジの花房をくぐらせます。
花の色がピンクになりますし、アク抜きにもなります。

花枝の先の方はやわらかいので、5センチくらいにちぎり、茎の堅い部分は花をしごきとって花だけ使います。

クリックすると元のサイズで表示します

フジの花房は長いので、ボリュームたっぷりの花ができます。

天ぷらよりサラダや酢の物に使った方が使い手があるような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

ドレッシングはオリーブオイルとハニービネガーを合わせました。

フレンチでも何でも良さそうです。

昨夜のコオナゴの天ぷらの残りを今朝もいただきました。






AutoPage最新お知らせ