ノボロギク  植物

今朝も地震警報のベルが鳴りましたが、それほど大きくはなく、揺れの時間も10秒くらい。

我が家はもう朝食が終わるところでした。

揺れでお茶がこぼれないか、くらいを確認した程度で終わりましたw。

東京ではすでに雪ですが、私の所はまだ雨も雪もなし。
この後は雪予報です。

初雪ですね。
みぞれであっても初雪となるのだそうです。

明日(明後日)は松川浦にレソト王国の国王夫妻がお出でになる日です。

レソト王国は南アフリカ共和国の中にポッツンとあります。

標高の高い国と聞いていますが、暑さはどうなのでしょう。

でも、福島は寒い所と思って帰国なさることになりそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真はノボロギクが種を飛ばしたあとの様子。

小さな別の花が開いているみたいに見えます。

野の襤褸菊という名ですが、つつましく、除草剤にも夏冬の寒暖差にもめげず生き続けています。

霜のあたらない陽だまりなら、ほぼ常緑と言っていいくらいに、花を咲かせ続けます。

襤褸菊を当てはめたのは、おそらく種子を飛ばす時の様子がしばし襤褸をまとったように見えるからでしょう。

でも、種子を飛ばしきった後は再びこんなふうに別の花を見せますw。




AutoPage最新お知らせ