キツネノカミソリ  植物

ナツズイセンもあっというまにあちこちで見かけるようになりましたね。

例年、ナツズイセンは稲穂が出る時期と重なるのですが。

イネも来週には穂が出始めるのでしょう。
千葉より1週間遅れくらいですね。

ナツズイセンはまだ撮影していないので、キツネノカミソリ。

全村避難の飯舘村の丘の上に住む人の入口斜面に群生です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

撮影していたら、ちょうど住人のご夫妻が坂を下ってきて、十数年ぶりにちょっとお喋り。

この自宅を取り壊すことに決めたので、片付けに来ていたそうです。

飯舘村ではあちこちで自宅の取り壊しがありますが、知人宅の決意にも胸が詰まります。

そうですよね。

原発事故発生時、65歳だった人はもう70歳。

75歳だった人はもう80歳。

体力、筋力という観点からでは、5年という歳月は年代によって大きく意味合いが異なってきます。

草刈りだけでも、75歳と80歳では作業の大変さが異なるでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

これまではキツネノカミソリが花茎を立てる時期から逆算して草刈りをしていたので、こんなふうに花首がそろっています。

来年からは他の草と競って首を伸ばし、足元は草の中、花だけを見せるのかもしれません。

海  

今朝はまたまた小雨です。

昨日はあんなに天気がよかったのに、めまぐるしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は、相馬市大洲海岸から古磯部海岸、南相馬市鹿島区の真野漁港、烏崎海岸(烏浜)、原町区の北泉海岸をウロウロしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

烏崎海岸では水の事故があり、消防車、パトカーが複数台、救急車、ドクタ−ヘリも駆けつけ、救援が進められました。

空は青く高く、海も真っ青で、一見、危険がない海のように見えます。

しかし、浜からよく見ていると、たまに変な波が立つことがあり、そういう波が寄せると波の巻き方が複雑になります。

退き波は寄せ波よりずっと強く、また、遊んでいると気がつかないうちに潮がたて、いつのまにか波の中で遊んでいるということもあります。

昨日も、渚で遊んでいたということですが、満ち潮の時間帯でした

その入り江に特有の波がありますから、子供からは絶対に目を離さないようにしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します






タグ:  相馬市 南相馬市




AutoPage最新お知らせ