コウノトリ1  

コウノトリ、相馬市にまたやってきました。

今年の3月4日に相馬市内で見かけて以来2度目の飛来。

今回は足環と背中にGPSアンテナがあります。

どうも今年生まれの個体のようです。

一応、確実なところをと、問い合わせ方々の報告をしました。

今回は散歩の人とか近くの人たちに見てもらえるくらいの時間的余裕がありました。

明日は台風の1日ですから、どうなることやら。

ダイサギとの比較。
クリックすると元のサイズで表示します

アメリカザリガニを食べていました。
クリックすると元のサイズで表示します

イチョウウキゴケ  植物

休耕田の水田雑草をかき分けてみたら、その足元にはイチョウウキゴケがぎっしり。

福島県では絶滅危惧T類です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

棒のように突き出ている草はイボクサです。

花の観察会  植物

台風10号が近づいていて、こちらは今夜から明日午前中にかけて通り過ぎるとのことです。

東北に上陸する台風は1951年以来とのことで、経験したことがない暴風雨だろうとのこと。

今日は自宅周辺を片付けて過ごしましょう。

さて、昨日は「花の観察会」に同行しました。

いがりまさしさんの提案で、アルパインツアーサービス株式会社が企画した一泊二日のプチ旅です。
クリックすると元のサイズで表示します

目的の花は津波後に発生したミズアオイ。
クリックすると元のサイズで表示します

花のことなので、時期がありますし、津波跡地は工事計画が進行中。

いつ刈り払いがあるか、ブルドーザーが入るか分かりません。

ミズアオイは今年は七月には開花していましたからね。

クリックすると元のサイズで表示します

前日にいがりさんと下見に廻ったものの、まったく当日の朝になっても気が休まりませんで、朝のうちに再度現地を確認w。

霧雨のような雨はあったものの今夜からの暴風雨からはずれ、ラッキーな一日だったと思います。

参加者皆様が帰宅されるころまではなんとか天気は穏やかかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜UPのコバギボウシ現場。
クリックすると元のサイズで表示します

他にはヒシ、ミクリ、オモダカ、ホソバオモダカ、ヒルムシロ、コバノカモメヅル、コケオトギリ、ミソハギ etc 。

それらについてはおいおいUPいたします。

ミズアオイの花が一輪でも見られたら十分というお申し出でしたので、ま、大成功裡に納められたかなとは思っています。

いがりさん、鈴木さん、参加者の皆さま本当に楽しい一日をありがとうございました。
機会がございましたら、また遊びにいらしてください。

コケオトギリ  植物

ミミカキグサなどもそうですが、小さなものの世界にもぐりこむと驚くほどの華やぎです。

黄色の小さな花の撮影勉強のためにコケオトギリに挑戦。

クリックすると元のサイズで表示します

自分の目で見るよりくっきり見え、その美しさにびっくりです。

クリックすると元のサイズで表示します

紅葉し始まっているのもありました。

クリックすると元のサイズで表示します

今にも落ちそうな露の玉に、緑の葉が写っていたので、トリミング拡大。

クリックすると元のサイズで表示します

コバギボウシ  植物

細かな雨なので、今日の草原は露がいっぱい。

今日はたまたま小さな土手でしたが、林道などでこの花が立ち並んでいると、いつもとは違った世界に踏み入ったような気分になります。

小雨に煙るとか言いますが、今日のこの場面は露の照り返しの光に煙っていますw。

クリックすると元のサイズで表示します

咲いている土手の下は小さな用水路でしたので、今日は覗きませんでした。

出遭ったらぜひ花の中を覗いてみてください。
とってもきれいです。

クリックすると元のサイズで表示します

ウスゲチョウジタデ  植物

ウスゲチョウジタデ、出ましたw。

クリックすると元のサイズで表示します

この生育地には震災前はチョウジタデもあったのですが、昨日はウスゲチョウジタデしかみつかりませんでした。

以前は撮影だけで標本は作っていないので、昨日は採集してきました。

花盤に毛が生えるのがチョウジタデとの一番の違いかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

他には花弁が5枚とか、花弁のあいだに隙間ができないとかありますが、花弁の枚数はチョウジタデでも5枚の時があります。

クリックすると元のサイズで表示します

宮城県のデータはまだ確認していないのですが、相馬地方はおそらく北限になるのではないかと思っています。

いやあ、それにしても黄色の花は撮影がむずかしッ。




エンジュ  植物

昨夜から雨。

9時ころには上がる予報ですが、あてにはなりません。

残暑厳しい中を歩くよりはいいような気がしています。

さて、エンジュ。
花盛りです。
中国原産です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

蕾はルチンが豊富となっています。
乾燥させてお茶で用いるということでしょうか。

蕾を使った料理かな?

クリックすると元のサイズで表示します

このテーブルの脚部分がエンジュの枝の輪切り。

外側が白く、内側が黒ずんでいます。

材が固いこともあり、装飾を兼ねた床柱として使われます。

こんな風に建材や彫刻などの工芸用として使われるのは、たいていイヌエンジュだそうです。

そういえば、以前住んでいた家はエンジュの床柱でした。
撮影しておけばよかった。

テーブルは40年以上使っていますが、趣味ではありません。

20歳代の時に御礼としていただき、置き場所に困って茶の間の隅とか玄関の隅に置いているだけですw。

トウギボウシ  植物

太平洋側のトウギボウシはオオバギボウシと同じとなっていますが、会津とか秋田で見たオオバギボウシとは違うように見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

大きさも全然違うし、色も会津では淡紫色。

ま、大きさや色では種が違うとは言えないのですが。

庭先に数日前から開花したこの種はトウギボウシかと思いますが・・・

純白です。

昨年は咲きませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

近くの山でも純白のものがあるそうで、もしかしたら祖父あたりが移植したのかもしれません。

タチギボウシかと思っている淡紫色の株もあるのですが、花期がずいぶん違います。

タチは夏、トウは秋。そんな感じです。

純白が咲いてびっくりでしたが、とても気に入っています。







AutoPage最新お知らせ