ヒバリ  

やっぱり雨ですね。
今日午前の予定はどうなることやら。

午後は止むようですが。。。

雨でも鳥は普通に飛んでいますね。
裏山では6時ころからずっとホトトギスが啼いています。

ホトトギスが来るとカラスたちが騒ぎます。

カラスの巣でホトトギスが孵っているんじゃないかなあ。。。

などとも考えたりしますw。

クリックすると元のサイズで表示します

写真はヒバリの卵。

知人の職場の畑です。

草刈りをしていたら出てきて、すでに露わになっちゃってどうしようもなかったとのことです。

無事に育ってくれるかどうか心配していました。

今年はヒバリがとても多いですね。

麦刈りを終えた畑なんかでは、あっちにもこっちにもいて、離れて見ていると群れでいるかのようです。

ネズミモチ  植物

先日の観察会でネズミモチがちょうど花を咲かせていたので、UPしておきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらではトウネズミモチはあまり植えられていないのかもしれません。

見かけた記憶がありません。

最近は津波後の植栽がさかんに行われています。

常緑広葉樹の苗木を移植しているらしいですから、もしかしたらトウネズミモチなんかもまじっているかもしれませんね。

手賀沼周辺遊歩道の植栽樹はトウネズミモチだったような気がします。

トウネズミモチらしき木は、実をびっしりつけていました。

ネズミモチしか見たことがなかったので、びっくりの光景でした。

山階研究所もあるためか、野鳥観察がさかんな所らしく、すれ違う人の多くが首に双眼鏡をかけていました。

野鳥のために選んで植栽した木なのかな?

カワラナデシコ  植物

昨日はちょうど昼頃に雨が上がったのですが、露っぽすぎてオオキンケイギク駆除は明日30日に延期になりました。

今朝は青空ですが、明日の予報はまたまた雨なんですよね。
どうなることやら。

オオキンケイギクやハルシャギクが群生の一途を進める中で、何が起こっているかはなかなか見えません。

昨日のニュースではアリゲーターガーが各地の河川、湖沼に増えている問題を取り上げていました。

アリゲーターガーやカミツキガメが引き起こす危険や被害は誰でも想定できますね。

しかし、植物の場合はおとなしく立っているだけなので、危険性は感じられません。

そのうえ、周りを見れば目に入るのは外来種ばかり。

水田や畑、川土手など、ほとんどは外来の草じゃないかと思えるほどです。

クリックすると元のサイズで表示します

10年くらい前のことです。

基盤整備工事計画会議で、田んぼの畔の草抑え用に新たなイネ科外来種の導入を勧める方針に反対をして、会議の空気を悪くしたことがあります。

背丈が40cmくらいのイネ科でしたが、畦畔に40cmの草では意味がありません。
しかも新たな外来物。

結果は外来種導入は止めになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

あらためて見ると日本の農地や牧野の周辺は、本当に外来草が多くびっくりですよ。

おとなしく風に揺れるオオキンケイギクも、カワラナデシコなどを追いやっているとなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

カワラナデシコはでも、人間の盗掘で数を減らしているように見えるのですが。





ビロードモウズイカ  植物

今朝は雨ですね。

今日は特定外来生物に指定されているオオキンケイギク(キク科ハルシャギク属)の駆除作業の日なので、午後までに止んでほしいです。

午前中は外来生物法の勉強会をします。

一見、老人会にも見える会なのですが、わかさ会という団体名。

皆さん、学習意欲が高く、お茶のみをしながらでも地域へ何が貢献できるかを話し合うような団体です。

健康のために勉強会をもっているのかもしれませんw。

クリックすると元のサイズで表示します

ビロードモウズイカも当然外来種です。
昨夕、出遭いました。

何らかの指定はなかったと思いますが、こんな形の植物は日本の風土には似あいません。

ヨーロッパ、北アフリカ、アジアなど大陸が原産です。

クリックすると元のサイズで表示します

まるで花壇に植えたような雰囲気ですw。

クリックすると元のサイズで表示します

アマサギ  

今回は6羽でした。

一度に全員はなかなか写せませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ウチョウラン  植物

出歩いている間に庭の草木もずいぶん茂っていてびっくりです。

カワラナデシコがけっこう咲いていて、フジウツギも花房がピンクがかってきています。

ふと見れば、ウチョウランも開花。

待っていたはずなのに、案外あまり見ていないのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ウチョウランも今年は花数がいっぱい。

こんなに花をつけたのは初めてのような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

ほんの数鉢で、それも直径5cmほどの小さな世界で生きています。

来年はもうちょっと広い世界に移してみようかな。




ハマボッス  植物

津波前2年は花の時期を逸して見ていません。

8年ぶりに見るハマボッスですw。

ごく普通の花なのですが。

クリックすると元のサイズで表示します

さすがサクラソウ科、きれいですね。

来年はもうちょっと早めに見に行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

ハマヒルガオ  植物

目的は違いましたがハマヒルガオがきれいに咲いていました。

すがすがしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

津波をもろにかぶった小さな浜ですが、工事完了の防潮堤の向こう側に、つまり海側に。

何もなかったかのように群落が戻っています。

防潮堤の階段は陸側35段、海側45段でした。




AutoPage最新お知らせ