チュウシャクシギ2  植物

5月5日のチュウシャクシギです。

相馬市には5月初旬にやってきて、田植えが終わる頃に旅立ちます。

そろそろ旅立ったかもしれません。


チュウシャクシギ1  

チュウシャクシギのこの動きの速さをご覧ください。



距離は縮められないし、写真にすると体のどこかが必ずブレてしまいます。

ヒバリ  

地上でさえずっているヒバリがいたので、、、、。

飛び立ちを待ったのですが、あきらめました。


トリガタハンショウヅル  植物

そこここで見かけるのに、花が着いている株に出遭うのはめったにない。

ところが先日は花つき株がいっぱいありました。

興奮しすぎだったのか、写真は失敗作ばかり。

残念。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヒメスイバ  植物

昨年の今頃、紫色のきれいな花を咲かせるストケシアという1株をいただきました。

種を落として増やそう。

ある日気がつくと、ストケシアの周囲にたくさんの緑の芽が出ています。

こんなに増えたんだ〜

ちょっと増え過ぎと感じながらも、喜んでいました。

クリックすると元のサイズで表示します

数日前、ふと見ると、見慣れぬ花穂があるじゃありませんか・・・

どう見てもストケシアじゃない。

どう見てもヒメスイバ・・・・・・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ストケシアに比べて葉が細いのは、まだ若い株だからと思っていました〜

それに、ヒメスイバが我が家に来るなんて想像したこともありません。

ヒメスイバはヨーロッパ原産。
津波で壊滅した南相馬市北泉の海岸公園には、かなりの面積で群生していました。

クリックすると元のサイズで表示します

人や動物など歩いて移動するものって、けっこう種子を運ぶんですよね。

昨年、いわき市のヤマモモのところで見かけたヒメイワダレソウ。

これもいつのまにか我が庭に枝先を伸ばしていて、仰天。
花はまだ咲いていませんが、ヒメイワダレに間違いないです。

いわきの時は長靴ではありませんでしたが、フィールドに出る時は普段は長靴。

長靴の裏って、けっこう土をしっかりつかむらしい。

長靴のままうっかり玄関に入ると、土間に落ちる土がはんぱじゃないんですw。

これだけの土が靴裏の溝を埋めていたら、種子だって当然運ばされているわけです。





AutoPage最新お知らせ