破傷風  

羽生結弦さんが全治2か月のケガとか。

25日に私も左手親指の腹を包丁で切ってしまい、昨日、外科治療を受けてきました。

タケノコの皮をむこうとして。。。

タケノコの皮をむく際は、タケノコを逆さまにして根本の方から包丁を入れます。

なぜかというと、タケノコは穂先の方の皮の重なり枚数が多く、力が入ります。
根元は1枚2枚程度の皮なので、途中から包丁が走ってしまうからです。

それにタケノコが動かないよう押さえる時も、細い穂先よりも太い根元を押さえる形になるため、タケノコを立てて頭から包丁を入れると、包丁の先に手を置く形になってしまうからです。

経験からそのことは分かっていたのですが、タケノコを逆さまにしないで包丁を入れてしまいました。

病院では破傷風のワクチンを勧められ、受けてきました。

ワクチンの効果が出るのは2週間後くらいからで、1か月おきに3回受けねばならないそうです。
ワクチンの有効期間は5年。
その後もう一回追加ワクチンを受けると10年間有効ということです。

フィールドでノイバラのトゲに引っ掻かれたりもありますし、古い家の片づけや庭木の剪定などで小さなケガは絶えません。

破傷風の恐ろしさは知っているものの、ワクチン接種をこれまでよくまあ延期延期で来たものです。

高齢者はころんだり、すりむいたりもありますし、今回の地震や交通事故などのように、思いがけない事故に出遭うこともあります。

みなさん、破傷風ワクチンをぜひ受けてください。

破傷風菌はどこにでもいるし、破傷風菌の出す毒素は本当におそろしいものです。

一応、抗菌治療は続けていますが、私も潜伏期間が終了するまでは覚悟して生活することになります。

今朝までのところは大丈夫のようです。
今日も病院です。

ケガに至る次第は「続きを書く」に置いておきます。


続きを読む




AutoPage最新お知らせ