シモクレン  植物

さすがマグノリア。

通りがかりのよそ様の庭で、お留守でしたがお断りなく撮影させてもらいました。

もちろん道路からです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

手が届くほどに枝を広げておりましたが、触れませんでしたw。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

撮影していたら、親子さんらしい女性二人が乗ったプリウスが停まりました。

こちらのお宅さんがお帰りかと思ったら、違うということで、やはり見事さに車を停めてしまったとのこと。

一緒に撮影となりましたw。

クリックすると元のサイズで表示します

ノウルシ  植物

過日、通りかかった際に気になる黄色がありました。

ノウルシの黄色のように見えたのです。

昨日、再訪してみるとやはりノウルシ。

クリックすると元のサイズで表示します

震災前にも何度か調査していたため池の土手です。

どうしてこれまでみつけていなかったのか不思議。

ついでに、津波襲来以前にはノウルシが大群生していた土手にも寄ってみました。

現在はまだ復興工事中で、昨日もトラックや重機が稼働していました。

クリックすると元のサイズで表示します

幸いなことに、こちらは100株程度が残っていました。

ビオラ・フレックス  植物

スミレはそもそも繁殖力が旺盛ですが、このスミレ・フレックスときたら、なかでも一番くらいに殖えますね。

クリックすると元のサイズで表示します

私は十回以上引っ越しをしてきました。

スミレ・フレックスとの最初の出会いは、現在の住まいから数えて前の前の住居の庭で、20年くらい前のことです。

出遭った最初は新種かと思いましたw。

でも殖えやすいからこそ、あの小さな庭にもやってきたのでしょう。

出会い後に二度の転居をしているわけですが、連れ歩いたわけではないのに、ちゃんと後を着いてきています。

昨年は3株くらい点在していましたが、今年は立派な株になって点在しています。

フェアリーランド・アン  植物

アカヤシオからのお誘いを断り切れず、用事を後回しについつい出かけていました。

昨日はそれらの用事を暗くなるまでかかってようやく処理完了。

今日からは今日からの用事になるので、気分がやや楽になりました。

今朝はまず燃えないゴミ出し。

玄関に下りてふと見ると、ランがすっかり満開じゃありませんか。

まったく燈台元暗しですw。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年叔父のお見舞いに使ったランで、ほぼほったらかしでした。
半月くらい前につぼみに気づき、玄関に入れました。

その直後からアカヤシオに気が取られ、それっきり、すっかり忘れてしまっていましたw。

隣に立つ壺は口から首にかけてちょっと欠けているので、そこが見えないよう裏側にしています。
釉の碧がとてもすてきなので、ホリエモンさんから500円で譲っていただいたもの。

相馬大堀焼きかと思いましたが、笠間焼きのような気がします。

栓がまたすばらしいのです。

クリックすると元のサイズで表示します

藁の束を、さらに藁で巻き、その上をまた反故和紙(墨で文字が書かれている)や藍染めの裂れで巻いてあります。

福島県広野町の大滝  植物

三森山にアカヤシオを見に行った帰り、広野町の浅見川沿いをちょっと走りました。

以前二度くらいは走ったことがあったように思いますが、行ってみれば記憶がまったくありません。

大滝は「大滝」という旅館の前にあります。

現在はまとまった人数の予約は無理ということです。
復興作業従事者の長期宿泊で、手いっぱいなのかもしれませんね。



もう薄暗くなっていたので、鮮明ではありませんが。。。

近くにある階段を下りると滝つぼちかくまで行けるそうです。

滝のちょっと先でアカヤシオのピンクをおそらく1本見ました。


アカヤシオ(いわき市二ツ箭山)  植物

今年四度目の二ツ箭山。

そろそろ疲れが出始めているので迷いましたが、結局出かけました。

迷っている場合じゃないと瞬時に気づきましてwww。

天候にも恵まれ、素晴らしい一日を過ごすことができました。

これまでの三度は尾根筋は強風が吹き荒れ続けでした。

昨日はそよ風。
青空にも恵まれ、きれいな写真が撮れました。

二ツ箭山は相馬の方から行くと、県道41号線から国道399号線に出てまもなく正面にそびえて見えます。

ローソンを過ぎて間もなく右折して、そのまま直進で到着します。

二ツ箭山頂上から西にやや下ったところに女体山、男体山と呼ばれている石山が並んでいます。
今回は頂上から下り、女体山まで。

女体山から月山を望みます。
月山は二ツ箭山頂上から南に下った谷から立ち上がっています。

山全体がピンクの光を放っているように見えます。
実際に放っているのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

女体山上に眺望できる山々の名が記されています。
大震災前にもあったそうですが、地震で毀れたので新たに勿来山岳会が設置したと聞きました。

クリックすると元のサイズで表示します

この大石の下にちょっとした通行可能の空間があり、下界を見晴らしながら食事をとる方が多いようです。

休憩できる人数は限られますが、私は右端の花陰でおにぎりと柏餅をいただきました。
アカヤシオは香りはないように思います。

大石下のベンチに並んで昼食中のパーティのどなたかが、「これは熊本産なのよ」と話していました。

クリックすると元のサイズで表示します

この花陰です。下に丸太の椅子が1コありました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは修験台から。
修験台は女体山と二ツ箭山頂上の中間くらいのやや下にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ずいぶん下の方までピンクが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

修験台から女体山を望む。
まだ蕾が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

ブナの花が開き始めていました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

南相馬のアカヤシオは今年は3月末から開花が始まり、4月4日にはすでに満開でした。

南相馬市より南のいわき市のアカヤシオがようやく見ごろを迎えたのは遅すぎの感がありますが、おそらく標高が関係しているのでしょう。

下山のころは雲が広がり、浪江町あたりでは時雨れていました。
ラッキーな一日に感謝です。

あの山頂では満開のアカヤシオが今日も風に吹かれているのでしょう。



変なもの  植物

変なものついでに、過日、山中で出遭った変なものを載せます。

気持ち悪いですから、ご注意ください。

粘菌かもしれませんが、よく分からないものです。

先日いわき市で見たものと似ています。

http://sky.ap.teacup.com/applet/warou/20160409/archive

いわき市のはモミに着生していましたが、こちらの着生樹はコナラです。

クリックすると元のサイズで表示します

いわき市のものよりかなりダイナミックです。

クリックすると元のサイズで表示します

一番上の写真は樹木に縦に着いていますから、液状のものは縦に流れ下っています。

クリックすると元のサイズで表示します

樹液かどうかは分かりませんが、こんなふうに3秒ごとくらいに滴っていました。

サカネラン?  植物

今夕、庭の草退治をしていたら、見知らぬ変なものがおりまして・・・

一見、夏場のミョウガに咲いた花みたいな感じ。
色もミョウガのあれと似ています。

クリックすると元のサイズで表示します

思いついたのはサカネラン。
しかしまだ見たことがない花です。

それに幻と言っていいようなランですから、こんな庭先に出るなんてありえないのです。

クリックすると元のサイズで表示します

ランの発芽には特別な共生菌が必要と言われていますし・・・

クリックすると元のサイズで表示します

花の内側を覗こうとしたら硬くて折れそうなので止めました。

そのうち茎が伸びてくれば、素性も分かるというものですが、待ちきれないのでUPですw。




AutoPage最新お知らせ