3月5日  

そういえば、3月5日は小惑星が大接近するのでした。

曇っているので見られなくて残念。

見えなくても大接近していることに変わりはないのですが。

Googleニューッスだったかで以前に取り上げていたので、そのッコピーを下に。

3月5日、小惑星2013 TX68が地球に大接近します。

どれほど近づくのかというと、もしかしたら地上から望遠鏡で見えるかもというくらいには。
小惑星2013 TX68は、2013年に発見された直径30メートルほどの星。

3月5日のフライバイでは、地球から約1万7000キロから1400万キロにまで近づくと予想されています。

この小惑星、実は2年前にも地球付近を飛んでいました。

その時は、地球から200万キロのあたりでしたけど、今回、予想の最小値の位置を飛べば1万7000キロ。

望遠鏡を使えば十分その姿を地上から見ることができます。

惑星接近と言えば、3年前、ロシアはチェリャンビンスク上空で爆発した小惑星がありましたね。あれの大きさは直径20メートル。

そう言われると不安になりますね、今回のはまさか地球に衝突しないよね、と。

NASA曰く、その可能性はほとんどないそうでひとまず安心。

そう、ひとまず、はね。

小惑星2013 TX68は、今年の3月のフライバイ後も、2017年9月に再び地球に接近すると予想されています。

その時の地球衝突の確立は2億5000万分の1。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな惑星がもしも衝突したら、人類どころか地球がなくなっちゃうんですものね。

人種や政治やイデオロギーなんかで覇権争いを続けているなんて。
生き物っていずれも皆小さくて、もろくて、その点では平等なんだけど。





コウノトリ  

今日のコウノトリ。

今日は正午前後30分ほど見てきました。

15時ころに行ってみたらいませんでした。

移動したのかどうかは分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

つい欲張って、大きく撮ろうとしてしまい、結果ボケボケ。

100m以上の距離があります。
1200mm相当めいっぱいです。

白飛び、荒れ放題もガマンガマンですw。

カメラは SONY Cyber shotです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとの時間でしたが、羽繕いやクラッタリング、パタパタのサービスもありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コウノトリ  

遠目にはツルかと見えましたがコウノトリでした。

足環やアンテナは見えないので、野生と思われます。

昨年7月、千葉県野田市で放された3羽は、1羽が12月に死亡、残り2羽は現在、四国あたりにいるようです。

http://www.city.noda.chiba.jp/kurashi/oshirase/seikatsukankyo/1006581.html

http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/shizen/kounotori/kounotorijyouhou.html

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

コウノトリは江戸時代ころには日本では普通の鳥で、繁殖もしていたそうです。

このコウノトリを見かけたのは水田の堀周辺です。

この辺りは農薬をほとんど使用していないか、かなり低い使用らしく、水田や湿地に生育する希少植物も残っている地区です。

こんな大型の鳥が飛ぶ空を取り戻せたらいいですね。





AutoPage最新お知らせ