イソヒヨドリ  

現在は曇りですが、昨夜は雨が降ったらしい。

ヒバの葉先から雫が落ちているところを見ると、朝方まで降っていたのかも。

昨日、庭にフクジュソウめっけ♪

なかなか出てこないのでもうなくなってしまったのかと思っていました。
昨年から庭をずいぶんいじりまくっていますからね。

葉が消えたあたりからもうフクジュソウのことも忘れてしまっていました。

今日の記事はフクジュソウにしようかと思っていましたが、曇って暗いせいでまだ開いていません。

写真は9日に出遭ったイソヒヨです。

クリックすると元のサイズで表示します

以前にもバイパス付近で見ていますから、バイパス橋脚のどこかで繁殖しているのかもしれませんね。

カワラヒワ  

飛行機雲が30分たっても残っている。

やや東に移動しているが、上空の風もほとんどないようだ。
天気が崩れるのかな。

クリックすると元のサイズで表示します

バレンタインデーが近いので、テレビではどのチャンネルでも変わったチョコや高級チョコの話題でもちきりですね。

私のところへは今年はチョコを辞退しますの連絡が入っていますがw。

健康に悪いものではないですが、カロリーが高いですからね。
それにおいしいのでつい食べ過ぎてしまうのも問題。

そういえばホワイトチョコとか白ワインには健康に良くない成分が使われているというニュースがありましたね。

ホワイトチョコは好きじゃないから食べませんが。

クリックすると元のサイズで表示します

病気になったときとか遭難とかそんな状況の時の、いわば非常食ならチョコは最適な食品なのかも。

現在の日本の一般的な状況なら、チョコを食べるほどカロリー補給を急ぐような場面はないように見えます。

スポーツでのカロリー補給もチョコよりはむしろ牛乳のほうがふさわしいでしょうし。

ようやく撮れたカワラヒワ。

でも、ぼんやりもの思いにふけったりしていてくれないので、ピンは取れませんでした。
とまっている木はイチヂクです。


カムイ  お知らせ

昨日のことですが、帰宅したら郵便受けから大きな封筒がはみだしていた。

差出しは日本自然保護協会。

何かな? 環境調査をまとめて1冊にしたのかな?

クリックすると元のサイズで表示します

夕食後、開封してびっくり。

『カムイ 神々の鼓動』という写真集が出てきた。

クリックすると元のサイズで表示します

シマフクロウのすばらしい目にしばし見とれてしまった。

T.キムンカムイ(山の神 エゾヒグマ)
U.コタンコロカムイ(森の神 シマフクロウ)
V.カムイチェプ(川の神 サケ カラフトマス)
W.カパッチリカムイ(空の神 オオワシ)
  レプンカムイ(海の神 シャチ)
X.サロルンカムイ(湿原の神 タンチョウ)

神々の姿も圧倒的な存在感を見せているが、レンズのこちら側にあるまなざしも、まばたきもせずに神聖なものを追い続けている目線で感動させられる。

この1冊は日本自然保護協会が発行している『自然保護」1/2月号のプレゼント当選として送られてきたものだった。

そういえば、プレゼントのページを開いた時、どういうわけか、「当たるよ」と聞こえ、数日たってから試しに応募してみたのだった。

もうすっかり忘れていた。

『自然保護』編集部さん、ありがとうございました。
すばらしい写真集なので、時々開いて眺めることになりそうです。

『カムイ 神々の鼓動』 太田達也 写真集 
山と渓谷社 2,700円(税抜き)


ノスリ  

昨日は杉の伐採を見に行ったが、どうも花粉がひどかったらしく時々鼻水がたれてきます。

関係者たちとお茶していたら、私にとっては不要の庭石が必要ということが分かり、我が家の庭石の問題があっというまに解決です♪

今日はノスリです。

このノスリ、どういうわけか時々地面に下りています。

川土手の草むらとか崖の縁の藪とかで見ています。
多分同じ個体だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日も川土手の草むらにいるところを見かけ、車中から撮影。

川を挟んで30mくらいの距離があります。

そこへ車がやってきて飛び立ち、こちら側の岸辺のクワの木にとまりました。

クリックすると元のサイズで表示します

車が通り過ぎるとまたもとの位置に戻り、ちょっとしてから田んぼに移動しました。

メタセコイア  植物

昨日は軽トラックの6か月点検でした。

車を預けた後、送迎は辞退して川土手を歩いて戻ってみました。
約2km。

鳥はモズ、アオサギ、ダイサギ、カワラヒワ、ツグミ、スズメ、コガモ、カルガモ、オオバン、ホオジロ、イソヒヨドリ、ムクドリ。

中に、ホオジロと思ってカメラを向けたのに、どうもベニマシコの♀と見えるのがありました。
今度は気をつけて歩かねば。

メタセコイアも雄花の房をぎっしり下げていました。

メタセコイアは樹形がきれいなので影絵のように見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

大木になるのでたいていは剪定され、このような完璧な形を保っていくのは日本ではむずかしい。

クリックすると元のサイズで表示します

上のほうには昨年の球果がいっぱい。

上のほうに多いのは種子を風に乗せやすくする知恵なのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

雄花の房は滝のごとくです。

クリックすると元のサイズで表示します

今日も青空ですが、窓から見る西の阿武隈の山並みは雪の白さで閉ざされています。
峠が凍りつくので、冬は福島市がとても遠くなります。

霜柱  

昨日、庭の石よけをしていたら、何年ぶりかで霜柱を見ました。

冷え込みのきびしい朝には霜柱が立って当たり前ですが、ここ何年も見ていませんでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

むくむくと立ち上がる様子が目に見えるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

祖父は庭に石を置く趣味を持っていたので、それを取り除くことにしました。

何個かの大きな石は最後には業者にお願いするしかありませんが、築山などの底に入れた一抱えほどの石は何とかなります。

二つの池周りに並べた石もとても無理なので、池の底を掘り下げて水捌けのために雑石を放りこんで処理をかねました。

次の世代や孫世代にこういう仕事は残さないように終活は必要ですね。


ユリカモメ  

相馬市の中村城址を歩いていたら、なんとお濠にユリカモメが。

考えてみれば、ユリカモメはけっこう内陸の沼でも見られる。

それほど驚くにはあたらないが、電線に並んでいるのを見た時にはちょっと違和感がw。

クリックすると元のサイズで表示します

相馬市を流れる宇多川は鮭の遡上があるので、そもそもは鮭を追って来たものでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

このお濠の真南1kmにあたる宇多川流域あたりにも鮭がのぼってきていますし。

クリックすると元のサイズで表示します

ハクチョウやカルガモなどと一緒になって暮らしています。

ハクチョウへの餌やりの時も数羽が混じっていました。
すでに人馴れしているようです。

カワアイサ  

今朝は冷え込みがきびしかったですね。

犬用の水が氷になっていました。

太陽があがってきてすでに暖かくなってはいます。
陽射しの強さが増していますね。


さてカワアイサとタイトルにはしてみたものの・・・

今日の写真はボケばかりなので、お断りしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

それにカワアイサでいいとも思うのですが、間違っているかも。
♂6、♀2の8羽でした。

2年ぶりだったのですが、遠くて遠くて・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ラッキーなことにアカゲラにも出会えました。

これもまた樹の高くに。
しかも重なった枝の向こうです。

クリックすると元のサイズで表示します

眺めているだけで十分楽しかったので、写真はあきらめます。




AutoPage最新お知らせ