マガン  

今週は晴れ続きで暖かいというので、伊豆沼に出かけることを計画。

予報と違って昨日、こちらは曇っていたのですが、新地町あたりまで行くと快晴。

夏に伊豆沼を見に行ってハスにおおわれていることを知りびっくりでした。

冬場の伊豆沼は野鳥の楽園と言われていますから、どんな光景が見られるのか。

しかし、日の出の早朝、あるいはねぐらへ戻る日没時ではないので、案外、沼は空っぽかもしれない。。。

ま、沼周辺の水田地帯を巡れば、マガンなどが見られるだろう。。。

と、まあ、そんな感じで出かけました〜

手前に位置する内沼に寄ったら、明るい明るい。
ハスの枯れた実が水際にぎっしりです。
クリックすると元のサイズで表示します

栗駒山だと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

おおっ・・・あれは月山ではないの?
すばらしいです。
もちろんかなり遠いのですが、望遠最大で撮影ですw。
(禿岳かもということです)
クリックすると元のサイズで表示します

内沼、伊豆沼、蕪栗沼と周辺の水田地帯を巡りました。

大空の中をこんなふうにマガンの飛翔が絶えずあります。
クリックすると元のサイズで表示します

自宅近くのインターから築館インターまでは1時間半。
10時に出かけて、田んぼに群れるマガンを眺めながら、車中でお弁当。
いやあ、ぜいたくぜいたくw。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

水を張った田んぼもあちこちにありましたが、今回は水あり田んぼに降りている光景は見られませんでした。

冬水田んぼの向こうにマガンやハクチョウの大きな群れがいます。
クリックすると元のサイズで表示します

夏には南岸しか見ていなったので、今回は北岸も見てきました。
ハクチョウをイメージした形なのでしょうか?

なんだかエイが泳いでいる感じに見えちゃって。
内部には鳥のはく製とか沼の生き物のこととか、生物多様性についての解説などがありました。
クリックすると元のサイズで表示します

まあ、ちょっとやそっとの数じゃなく、ひしめいているほどの群れなのですw。
ひしめいている状態の写真は、何が何だか分からない生き物に写っているので、今回は失敗作ばかりでUPできませんw。
クリックすると元のサイズで表示します

帰りは県道1号線から国道4号線に出たのですが、途中の田んぼのあちこちに、まるでぎっしり植えつけられたみたいな感じで、ひしめいていました。
クリックすると元のサイズで表示します

これは蕪栗の写真なのですが、何か白い鳥の群れがすごかったです。
目の前を閉ざすどころか、空までおおうほどの群れです。
クリックすると元のサイズで表示します

撮影のちょっと後でカワアイサと思える鳥を見たのですが、カワアイサがあんなふうに群れるものでしょうかね。
クリックすると元のサイズで表示します

日没後の光景も見たかったのですが、16時ころに帰り足につきました。

茜に染まる大空のあちこちに、薄墨にけむる淡い雲が裾をひいてたなびいています。

あれらはすべてねぐらに移動する雁の影。

美しい景色でしたよ。

楽しくて楽しくて、また行くつもり。





AutoPage最新お知らせ