ダイサギ  

いわずとしれたダイサギですが、時々こんなふうに橋の欄干に並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

きっと見晴らしがきくので安心なんでしょうね。

ジョウビタキ  

今季初。昨日のこと。

実をたわわにつけた富山柿のてっぺんにいました。

クリックすると元のサイズで表示します

かなりの距離があり、風もあったのでブレています。

しかもトリミングで拡大。

何枚か撮ったうちの、でもたった1枚ですw。

オシャグジデンダ  植物

ゴミ出しに出たついでに庭の片づけをちょっとやったら、ついついもうちょっとで、11時半まで続けてしまいました〜。

終わりかけのキクの整理、ザクロの枝の整理、ブルーベリー、不知火、カルミアを鉢から地植えに、ヨシノソウ、カリガネソウをポットから小鉢へ、などなど。

さて飯舘のオシャグジデンダはどうなったかな?

なにしろ放射能の除染作業が半端じゃないので、地表はもちろん、樹木も伐採されたり、枝を処分されたり大変な状況なのです。

クリックすると元のサイズで表示します

やれやれオシャグジデンダは残っていました〜。
木の下には例の黒い大袋が何個か置いたままになっていましたが、、、、。

セリバオウレンなんかはなくなってしまったかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

ついでにクロウメモドキの様子も見に行ってみましたが、こちらは伐採されてしまったようです。

並んでいたカンボクもなくなっていました。
相馬地方ではクロウメモドキよりカンボクはずっと少ないので残念。

伐採されても、いつかまた新しい枝を伸ばしてくるかもしれませんけれどね。
来年も見に行ってみます。

マチュピチュ  植物

金八先生が、腕や脚に痛みが走る場合の受診啓蒙を最近テレビでよくやっています。

生島ヒロシさんもラジオでよく漢方の痛散湯の宣伝をしていますね。

この針で刺されるようなチクチク、電流が流れるようなビリビリ、しびれのジンジンが続く痛みは神経障害性疼痛と呼ばれる症状です。

クリックすると元のサイズで表示します

私の父も最近になってこの痛みに悩まされ、一昨日、昨日と受診しました。
最初は脳梗塞と判断され脳神経外科を受診。
脳は梗塞どころか萎縮もわずかで、91歳の脳とは思えないと医師に驚かれました。

そこで頸椎の不具合があるかもしれないとのことで整形外科の受診をすすめられました。
結果、頸椎も大丈夫とのことで、筋肉がありすぎるのだろうという診断でした。

しかし、痛みがひどいので、痛み止めと貼り薬をいただきました。

昨日の夕ご飯の後から痛み止めが処方されたので、痛みが止まったかどうか先ほど様子を見に行ってきました。

あれほどひどかった痛みがすっかり消えて、今日は眠ってばかりいたそうです。
しびれはまだ少し残っているそうですが、やれやれです。

食事も今朝から摂れたとのことで、安心していいような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

父の場合は筋肉がありすぎるという診断で、冗談だったのかなあとも思うのですが、私としては神経障害性疼痛だと思っています。

この痛みはどこといって特別悪い箇所は見当たらないのに、烈しい痛みが出るのが特徴のようです。

診断はどうでも、痛み止めと貼り薬の処方に変わりはないでしょうから、これでいいことにしておきましたw。

もしも皆さんも、あるいはお知り合いとかにこのような症状が出た場合、すぐに受診をお勧めください。

金八先生のCFを見ていてよかったなあと思っています。

写真はいつのまにか開花していたマチュピチュです。
つぼみに気づいたのが4日前くらいでした。

ややピンクがかった深紅のビロードのような花です。



イソヒヨドリ  

前回と同じ犬の散歩で。

地点はバイパスの橋脚ですw。

なんの鳥かなとカメラを向けたら、最初はツグミに見えました。

何枚か撮ってみると、なんとなくイソヒヨっぽいので、順光側に戻りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば以前、自宅の庭にも来たことがあったっけ・・・
同じ個体かな?

クリックすると元のサイズで表示します

待されてしびれを切らしたYちゃんが大声で呼んだので、イソヒヨがそちらの方を見たころ。
飛び立つ寸前です。

クリックすると元のサイズで表示します

ノスリ  

犬の散歩に出たら、久々のノスリ。

クリックすると元のサイズで表示します

一瞬だけ振り向いてくれましたw。

クリックすると元のサイズで表示します

バイパスの上に並んでいる外灯のパイプにいるところです。

ホウボウ  動物

さっき、「二足歩行する魚」のタイトルでホウボウをやっていた。

ホウボウといえば数日前の昼食時、おもしろい光景を見かけた。

クリックすると元のサイズで表示します

一人だったのでカウンター席に座ると、目の前に魚のヒレのようなものが。
それも、盛りだくさんw。

なんのヒレだろう。
ヒレ酒にでも使うのだろうか・・・

フカとかエイとかのヒレならだけれど・・・
違うみたい・・・

クリックすると元のサイズで表示します

お膳が届いたときに聞いてみると、ホウボウのヒレだそうだ。

お刺身のときなどに飾りで使うんですとのこと。
もっといろいろ質問があったが、あまりに忙しそうなので遠慮した。

クリックすると元のサイズで表示します

食べ始めてからの写真で失礼。
私の注文も「刺身定食」だが、ホウボウは使われていなかった。

舟盛りとかそういう料理に使うのだろうか・・・

お膳の右上にある「おひたし」が絶品だった。
小松菜にブナシメジとエノキを数本と菊花を散らした、ほんの二口ほどのおひたしだったんですが・・・

ハクチョウ  

例年の採餌地点が震災の復興工事で大変な状況になっているので、どこで採餌しているのか分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します

たまに飛んでゆくのは見かけるのですが。

どこに降りてるんだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

沼の近くの休耕地。
菜の花畑のように見えますが、セイタカアワダチソウですww。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ