ダイサギ  

ここ1週間くらい、群れているダイサギを見かけるようになりました。

10月頃はチュウサギもよく見かけたのですが、最近はダイサギ、アオサギばかりです。

昨日もダイサギが16羽が並んでいたので、今日は撮影しようかなと気持ちが動きました。

順光位置をとるために、大回りしているうちにちょっとバラけちゃって。

クリックすると元のサイズで表示します

1200mm相当ぎりぎりいっぱいの距離です。
三脚なしの撮影。

鳥がちょっとでも動くとブレブレですw。

クリックすると元のサイズで表示します

夜明け  

昨日の朝は靄が濃く、雲海の上の風景のようでした。

ちょっと大げさかなw。

クリックすると元のサイズで表示します

写真上部、中央の黒い点は鳥です。

カラスだったような?

クリックすると元のサイズで表示します

橋の欄干にもカラスがいます。

常磐道  お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します

夜8時と言ったら、けっこう早い時間からの通行止めです。

もしかしたら、翌晩も通行止めの可能性あり。

ご注意ください。

磐越道、いわき→小野間も、かなり長い距離で工事が行われていましたが、こちらは通行止めにはなっていません。
昼夜にわたって工事中のようです。

イロハモミジ  植物

イロハモミジ、イロハカエデ、タカオカエデと呼ばれるカエデです。

私自身もイロハモミジと言ったり、イロハカエデと言ったりします。
イロハカエデのほうが別名となっていますね。

写真ではヤマモミジみたいに大きく写ってしまいましたが、小ぶりの葉です。

イ、ロ、ハ、ニ、ホ、ヘ、トと裂片をかぞえるそうですw。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマモミジなど他のカエデほどには大木にならないようです。
福島県が北限となっています。

クリックすると元のサイズで表示します

(上の写真は何回投稿してもリアルタイム・プレビューで上下が逆になってしまうので、このまま送信することにします。)
(投稿後、パソコンでは逆さですが、iPadでは上下当たり前になっています。パソコンがおかしいのかな・・・)

植栽なのでしょうが、このイロハモミジは磐越道の差塩(さいそ)PAにありました。

ちょうど紅葉まっさかり。
木の下に入ってみることをおすすめします。




福島空港  お知らせ

昨日、磐越道から福島空港・あぶくま南道路を走ってみました。
無料道路になっているということなので、高速とつながってはいないんじゃないかと思い、確認のためにです。

やはり小野ICで一旦は磐越道から下りねばなりませんでした。

あぶくま南道路から平田で下り、引き返そうと思いましたが、平田道の駅を見ている間に、福島空港で野口勝宏さんの写真展をやっていることを思い出し、福島空港へ。

空港はすごく静かでした。
一日何便くらい飛んでいるのかしらね。

空港内に入ってすぐの所の壁に、角田弘司先生の作品がかかっていました。
角田先生は漆芸の大御所です。

『残照』
クリックすると元のサイズで表示します

野口さんの作品はどこかなあ・・・
前方ばかり探していたら、角田先生の反対側の壁面あたりが展示場になっていました。

野口さんはニコンフォトコンテストでグランプリを受賞なさったばかりですから、記憶に新しいお名前かと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

写真だと分かっているのに、日本画のようにばかり見え、何度も近づいてしまいますw。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ライトボックスを使用しての撮影なのでしょうかね。
影が花の内部にあるだけで、外側にはありません。

影を失うとリアリティも失うものですが、不思議とリアリティの喪失感がありません。
現実のような感触の残る夢みたいな感じがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう構図ですと普通はバックが空の青でしかありえません。
バックにあるはずの青を純白に変えるだけで、現実が消滅してしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

現実が消滅することで、現実が携えているパワーも消滅し、ナイーブな優しさを先に感じてしまいます。

作品は他にボタンや桜、ショウブ、カラーなどたくさんありました。
20点くらいだった。でしょうか。

福島空港近くに行きましたら、ぜひご覧ください。


イクラ  動物

イクラというのはロシア語です。
と、ラジオで言っていました。

疑ったわけではないですがw、ネットでも一応検索をかけると、

ロシア語では「イクラは魚の卵のこと」だそうです。

プチプチ食感の卵のことでキャビアなども、イクラ・なんとかと言うそうです。

昨日朝、生イクラをいただいたので、さっそく塩漬けに。

きれいですね。
季節ですね・・・

まったく生のイクラ
クリックすると元のサイズで表示します

生イクラは生臭いので処理してから食卓へということになります。

60度〜70度くらいのお湯をかけまわします。
私の場合は必ずザルでやります。

生臭さの移ったお湯を流しつつやるわけです。

一度目のお湯かけが済んだところ
クリックすると元のサイズで表示します

手を入れて、まんべんなくお湯がかかっていたら、塩を振り、掻き混ぜます。
泡立ってしろくなりますから、それにまた60度のお湯をかけ、洗い流します。

すると粘りが出て、透明感も出てきます
クリックすると元のサイズで表示します

もう一度、塩を好みの量でふり、やさしく掻き混ぜ
できあがり。
クリックすると元のサイズで表示します

このままでも食べられますが、一晩くらい寝かすと塩味がなじんでおいしくなります。

既製品より塩分少なめで作れるところがいいですよ。
冷凍保存もききますから、当分、楽しめます♪

食べる直前に醤油を1〜2滴落とすと、粘りが消えます。
私は昆布つゆを使っています。


仙台うみの杜水族館  動物

またまた水族館に行ってきました。
今回はうみの杜水族館。

人がいっぱいでしたね。
驚くほどの人、人、人。

当然ですが子供もいっぱいで、久しぶりに子供たちを眺めましたw。

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりのマンボウ
クリックすると元のサイズで表示します

牡蠣養殖の新しい方法が紹介されていました
クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じに棚に並べて、昔見た養蚕の形ですね
クリックすると元のサイズで表示します

水槽はわりと小さいものが多かったですね
クリックすると元のサイズで表示します

タコクラゲ
クリックすると元のサイズで表示します

混雑がひどく水槽の前は子供たちにゆずる形になります。
今度、フラリと遊びに行ってみましょう。

年間パスポートは2回入場分(いくらだったかな?)でしたが、シニアは割引があり、3200円だったので、パスポートを作ってきました。

駐車場が広大で、入り切れないということはなさそう。
屋内のありきたりの遊具で遊ばせるなら、水族館の生き物のそばで遊ばせる方がずっとお得感ありですね。

アオハダ  植物

これからは一雨ごとに冬になっていきますね。

とはいうものの、しばらくは暖かな日が続くとテレビで言っています。

そろそろ紅葉も終盤。
落葉が一気に始まります。

アオハダもまさに落葉直前です。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ