狼絵  お知らせ

飯舘村山津見神社の例大祭が終了しました。

昨日の午前中は参詣者が途切れることなく、一時はかなりの混雑でした。
拝殿前の狛犬周辺には前々日の雪がまだ残っていましたが、当日は朝から天候にも恵まれ、遠くからの参詣者にもありがたいことでした。

近くの公民館では新たに作成された天井用の狼絵が披露されました。
出来上がっている100枚全部を並べるのは無理ということでしたが、実際は100余枚が展示されました。

筆をふるってくださった東京藝術大学大学院の皆様には本当に感謝です。
ご指導くださった荒井経先生にも、心から感謝です。

関係各位の出遭いも不思議でたまりません。

焼失直前ともいえる2月に、オーストラリア人のワーンが天井絵すべてを撮影していたというのも不思議な縁です。

ワーンがもしも久美先生について日本に来ていなかったら。。。。

久美先生がオーストラリアに行っていなければ。。。

歴史にもしもはありえませんが、あまりに不思議な巡りあわせの重なりに、ついもしも、もしもと想像してしまいます。

以前の天井絵の描き手は分かっておりません。
旧相馬中村藩のお抱え絵師だった伏見東洲、東洲から絵を学んだ彫刻家の佐藤玄々らの名が挙がっています。

100余枚の絵を1枚づつ見てゆくと、少なくても数人の絵師が関わっていたと私には思えます。

今回は東京藝大の大学院生ら20人が描いています。

天井板は杉板で、描くのは一発勝負(荒井先生のお言葉)。
しかし、その前に2か月間かけて練習を重ねています。

ここで全てを披露するわけにはゆきませんが、何枚かをぜひご覧ください。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

サザンカ  植物

サザンカの植栽は流行りのように今もあちこちで見かけます。
きつい剪定もきくし、便利な木なのでしょう。

最近はほとんどが赤い花を咲かせ、ヤブツバキと間違えている人もおりますw。

以前のサザンカといったら、こういう白い花を咲かせていたものでした。

童謡「たき火」のサザンカも、白い花の絵で描かれていた記憶があります。

クリックすると元のサイズで表示します

飯舘村の山津見神社境内には白花のサザンカが満開でした。

雪がレンズに降りかかって、ちょっとボケています。

クリックすると元のサイズで表示します

山津見神社  お知らせ

今日は旧暦10月16日。
月齢15.4

飯舘村佐須の山津見神社の例大祭日です。
毎年旧暦10月の15.16.17日が例大祭で、今日は中日。

晴れていればまん丸お月様が昇ってくるのが見られるのですが、今日は時々雪しぐれでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は焼失した狼絵の天井を復刻しようと、東京藝術大学の学生たちが頑張ってくれました。

100枚ができあがっています。

その全部ではありませんが、明日、神社近くの佐須公民館で一般に披露されます。
以前の案内では、新築なった拝殿の控えの間といたしましたが、急きょ変更になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

山津見神社は、霊山前の115号線から来ると、県道31号線から虎捕山の石柱を南に入ります。

公民館は31号線に沿って東に向かう細い道で、石柱から100mあるかなしのすぐの所です。
31号線に再度合流する手前の建物です。

福島県飯舘村佐須公民館への地図です。
クリックすると元のサイズで表示します

狼絵のお披露目は、予定では午後3時までとなっています。
お時間の都合のつく方はぜひお運びください。


マイナンバー  

13時半現在、まだ雨は落ちていない。

今日は伊達市の霊山こどもの村のことをUPしようかと思ったのに、なぜか投稿できなくてあきらめました。

クリックすると元のサイズで表示します

2度も繰り返すともう情熱も失せちゃうし。

それでマイナンバーカード申請用の写真を作っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

カードが届いたのかと思っていたのに、封筒を開いてみるとそれはなんと申請用の書類。
申請しなければ送ってこないのなら、申請しない人がかなりいるんじゃないかしら。

だって、パスポートみたいに写真が必要ですから、めんどうくさがって放っておく人が多いような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

80歳代以上の人や、パソコンやカメラをいじっていない人は、写真屋さんまで出かけなくちゃなりませんものね。

車の運転免許証を返上した人や、それでなくても歩くのもままならない人とか、申請書の説明も理解しにくく思っている人や、いろいろ大変なんじゃないかなあ。

近くに住む叔父叔母の写真も作ってあげたのですが、申請するつもりはなかったそうで。。。
といいますか、病後なので遠出はできない体だから、申請はあきらめるつもりだったとか。

介護施設に入所している人たちへの対応はどうなっているのでしょうね。
私の場合は、父の代理人として申請するのですが。

それにしても、マイナンバーが漏えいしないように管理するなんて無理なんじゃないかなあ。

写真はすべて霊山こどもの村。
下の写真は竜巻をつくる機械。

クリックすると元のサイズで表示します

イチゴ  植物

雨はあがったものの雲は厚い。
今週は予報でも雨マークが続いていますね。

我が家のイチゴ状況。
ピンクの花が咲くのが2株、白花1株です。

四季なりイチゴですので、5月頃からずっと咲き続け、なり続けです。
梅雨のころはなっても、カビが出たりしましたが、葉の手入れをしていたせいか、その後の成績は上々。

クリックすると元のサイズで表示します

栽培イチゴほどの味ではありませんが、十分楽しめます。

ハウス栽培のイチゴもそろそろ出荷が始まるそうです。

なにしろ5月、6月ころの初夏から熟すはずのイチゴを、初冬から食べるための栽培ですから、経費がかかりすぎます。

今季は暖かいのできっと経費削減が叶っているかもしれませんね。
でもこういう贅沢には今もって馴れることができませんw。

四季なりイチゴは花だけでもとても楽しい気分にさせてくれますよ。


カシラダカ  

この頃天の低い日が多いですが、人肥ゆる秋を過ぎてきたばかりなので、できるかぎり散歩に出るようにしています。

犬も一緒の散歩です。

犬も歩かないとあっという間に脚の筋力が落ちます。
散歩の効あり、最近は軽トラックの荷台に飛び乗れるくらい筋力が戻っています。

クリックすると元のサイズで表示します

海岸の復興工事が今日は休みだったので、見渡す限りの休耕地といおうか、荒れ地といおうか、原野といおうか・・・

そういうところを40分くらい歩いたのですが、鳥はカシラダカ3羽だけにしか出会えませんでした。水鳥はオオバン3羽。

これだけ広大な休耕地が広がり、海岸側は刈れたヨシやセイタカアワダチソウなどでおおわれているのに、野鳥があまりにも少なすぎます。

震災後、広範囲に除草剤や殺虫剤を使い続けているツケが、絶対影響していると思います。


皇帝ダリア  植物

暖かいですね。
今朝は風がややあり、霜も降りませんでした。

一度の霜で終わりを迎える皇帝ダリアも、そんなわけでまだ楽しめます。

よそ様のダリアですが、とてもきれいなので撮影させてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

背が高いので空が背景になるのもステキなことです。
撮影にはむずかしくなるのですがw。

皇帝ダリアは16年前に一度植えたことがあるのですが、花が明日にはそろそろと思っていた時に霜でやられ、あまりにガッカリしてそれ以後はあきらめました。

でもこんなに暖かいとなると、また植えてみたくなりますね。

1週間眺められるんなら、私の場合は大満足なので。

画面いっぱいにして遊んでみました。

クリックすると元のサイズで表示します

下の写真は八重咲きの皇帝ダリアです。
開花前は普通の皇帝ダリアだと思っていたので、花を見に行ってびっくりです。
トイイマスカ、ガッカリです。

背は高いですが、普通の皇帝ダリアよりは低く、花も小さい。

個人的好みとしては一重咲きの皇帝ダリアのほうがずっと魅力あり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

改良種なのでしょうが、先祖返りみたいに一重咲きのものも出ています。

同じ株に八重と一重が一緒に咲いているのもありますが、なんとなく夏場によく見るダリアのイメージです。

皇帝ダリアはやはり一重のあの花弁の大きさがなくてはなりませんね。

この改良種は失敗作だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

来週には冬になると、今テレビで言っています。


バラ  植物

冬薔薇(ふゆそうび)というにはなかなか冷え込みが来ませんが・・・

秋咲きバラの名残りなのでしょうね。。。

クリックすると元のサイズで表示します

白の階調がすばらしかったです。

鳥撮影に使っているSONYのCybershotで撮影ですが、カールツァイスがすばらしいんでしょうね。
500万画素のころにもZEISSを使っていましたが、きれいでしたね。

最後はやっぱりSONYに戻るような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します





AutoPage最新お知らせ