マルミノシバナ  植物

今朝3時、エリアメールが入ったので、洪水がおきそうなのかなと思ったら津波警報でした。

今夕までは津波に注意が必要ということです。

明日は松川浦での観察会があるので、こういう情報には敏感になっています。
子供たちの参加もありますしね。

先日の下見でK先生からシバナやハマサジの群落を見せていただきました。
この現場は震災後初めて入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

マルミノシバナは震災後初めてです。
残っていたのですね。

しかし、この現場は復興工事計画で環境保全のために重機類を入れないというか、人の手を入れないで保全する区域からほんのちょっと外れています。

つまり盛土区域に入っています。

シバナ、マルミノシバナがそろって見られる環境は、福島県内では松川浦だけです。
とても貴重な環境なのです。

計画変更をするためには地元からの要望が必要ということです。

一般市民はおそらくほとんどの人がこのような事態は知りえていないでしょう。
第一、一般人は許可を得なければ立ち入りできなくなっている現状なのですから。

専門家集団がそれを確認し、県に報告したらそれに従って計画を見直すということが、なぜできないのでしょう。

この辺りは防災上から考えても、埋立しなくてもなんら影響がないところに見えます。

市民の要望を形として作るためには、署名運動でも起こして、ある程度の結果が見えなければならないのかもしれませんね。

さて・・・




AutoPage最新お知らせ