スズメ  

風のない快晴の朝です。

太陽が顔を見せる前から、スズメたちがたくさんやってきて電線に並びます。
日中のスズメたちは休みなくさえずり、いかにもおしゃべりしている感じですが、朝のこの整列の時は静かです。

下の写真は青空が広がってからのものですが、炬燵に入ったままの窓から見える光景です。

クリックすると元のサイズで表示します

スズメたちのおしゃべりと言いましたが、スズメたちはそれぞれが勝手に言いたいことを言っているだけで、隣のスズメの言い分なんか全然聞いていないように感じます。

スズメのさえずりはリズムや音程のような抑揚がなく、歌よりはおしゃべりのように聞こえます。

クリックすると元のサイズで表示します

引っ越してくる前に住んでいた所はスズメがやってこない所でしたから、スズメが並んでいたりする毎日は新鮮です。

警戒心のあるのは当然ですが、日常の中にいる身近な鳥という印象の方が大きく、スズメがいると風景が安定して見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

日常生活の無意識の部分では、かなり貢献度が大きいように感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

騒々しさも微笑ましいですw。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ