キジ  

この冬一番の寒さとか。

こちらは晴れていますが、地面まで凍っているようです。

これまでは10度で来た室温が、今朝は6度になっていました。

寒いので昨日は叔母と近くのお風呂に出かけました。
遠回りの帰り道、数羽のカラスと3羽のキジが、一緒になって採餌しているところに出遭いました。

キジとして書きますが、なんだか頭のてっぺんあたりの形状が気になります。
喉元も斑模様が目立ちすぎのような・・・

ヤマドリではないですよね。
またまた曖昧ですみません。

車から下りるとさすがに緊張させてしまったようです。
もう逃げる準備をしていますw。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一緒にいたのに、カラスは左へ、キジは右へ。
不思議ですw。

クリックすると元のサイズで表示します

ムクドリ  

昨日は一日中小雨模様でした。
午後になってタゲリをさがしに海の方へ行くと、タゲリはおらずムクドリばかり。

ムクドリといったら子供の頃は夏の夕空に群れ飛んでいたような気がするのですが、冬の鳥なんですかね。

東君平は群れ飛ぶ様子を空に編むレース模様にたとえており、浜田廣介は戻らぬ母を待つ子ムクドリの夢で描いています。

クリックすると元のサイズで表示します

『むくどりの夢』は話の内容は子供心にも残る話ですが、絵本になると絵がむずかしいですね。
多分の話ですが。

絵本や童話の挿絵にしにくい鳥なのだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

最近出ている金の星社の1冊も、変に今風なやわらかすぎる線と色で、ストーリーが持つシビアな部分をわざわざ帳消しにしています。

現代ではやさしさがこんなふうに解釈されているのかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真は冬の小雨の中、干拓された水田の水たまりで水浴びをしているムクドリですw。

カワセミ  

今朝もまたまたどういうわけか目覚めは8時半であった。
こんなに目が覚めないなんていつ以来でしょうw。

昨日は夕方になってちょっと散歩に出ました。
時刻を確認すると、16時50分でした。

日足が伸びてまだ撮影可能なくらい明るかったので、一眼を持って出ました。

川土手を、橋を目安に歩いて何分くらいで帰ることになるのか・・・
越してきて初めての散歩です。

久しぶりに歩いたので、歩くのが下手になっているように感じました。

土手に出て数分後、枯れ草に青い点が灯っているのに気づきました。
カワセミに出遭うなんてまったく思ってもいなかったので、気づくのが遅れました。

二瞬後くらいのタイムラグでカワセミは飛び立ち、ちょっと先の対岸の草に。

クリックすると元のサイズで表示します

上の写真の拡大。

クリックすると元のサイズで表示します

この後、カワセミは水に飛び込み、その後どこに行ったか見えなくなりました。
写真中央に黒く見える部分かなあと撮影したら、草藪にできた隙間でしたw。

その場で削除しようとしましたが、もしかしてどこかに写っているやもしれず、気が変わりましたw。

パソコンに取り込んでみたら、左手前に写っていてびっくりでした〜。

クリックすると元のサイズで表示します

トリミング拡大しましたので、本当をご確認くださいw。

クリックすると元のサイズで表示します

たった二つの橋を渡っただけの散歩で、要した時間はこれまたたった30分。
でもカモ類やオオバンだけでなく、カワセミもいることが分かったので楽しみがぐんと大きくなりました。

赤いネコヤナギ  植物

子供の頃は元祖ともいうべき銀色のネコヤナギしかなかったが、最近はこの赤が透けて見えるネコヤナギに時々出遭うようになった。

フリソデヤナギとかアカメヤナギとか呼ばれてもいるが、まだ調べてはいない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヤナギはオリーブなどと同じく挿し木が簡単なので、家の前を流れる堀の土手などによく見かける。

ヤナギなので花は地味だし、枝は伸びるしで、庭には置いておきたくはないのだろう。
でも春先の赤いネコヤナギだけは見たい。

そんな理由で土手に挿すのだろうが、なるべく敷地内で楽しみ、外には出さないよう気をつけた方が良いと思う。


ノスリ  

チュウヒが出ると聞いた相馬市松川浦の湿地です。

ノスリかなと思いますが、最近間違いが多いので断定しないことにしますw。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ノスリ  

(鳥に詳しい方々の写真の印象からチュウヒをノスリに変更します。記事はそのままにしておきます)

どういうわけか、今朝の目覚めは7時でしたw。
放射冷却の冷凍朝を覚悟していたのに、春が来たような暖かくしっとりの朝です。

さて、またまた物議をかもしそうなチュウヒです。

かなり遠くて、しかもパソコンに取り込んでみたら後ろからの姿が多くって・・・

とりあえず、並べてみます。

チュウヒとしか思えないんですが、皆様、またコメントよろしくお願いいたします。

カメラはCANON PowerShot SX50 HS、1200mm相当で、ギリギリまでトリミング拡大してあります。
その他、少しでも情報量を増やしたく、コントラストを下げて斑模様が見えるようにしたりの加工をほどこしております。

それでもかなり見ずらいですが、よろしくお願いいたします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

地上の獲物をめがけて真っ逆さまに落ちてゆくところが撮れていてびっくり。

見かけた地点は先日と同じ相馬市磯部。
午後は結構風が強くなっていましたが、ホバリングを繰り返していました。

ヒヨドリ  

雪の予報でしたが、窓から見たところ白くなっていません。
降らなかったようですね。

昨日は3時過ぎから雨になりましたが、作業続行で外回りの整備が終了しました。
本当に感謝感謝です。

大きな重機がまだ庭先にあり、本日搬送で完了です。
雪を心配しましたが、降っていなくて良かった。


今日は庭先によくやってくるヒヨドリ。
2羽で来ていることもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

多分、いつも同じ個体なのかもしれません。

古い梅の木がお気に入りです。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは先日、磯部で見かけたヒヨドリ。
サルスベリの木の中で、遠く海の方を見ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

フキノトウ  植物

昨日のカシラダカはヒバリのようだということで、24時間も過ぎた今朝になって訂正いたしました。

その気にさせて読ませてしまったこと、本当にすみませんでした。

さて、またまた今夕から雪予報。
自宅の工事は外回りの整備に入っていて、もうちょっとで終わるところなのですが、夕方まで終了できるかどうか・・・

昨年の11月に伐採した富山柿の根の掘り起こしはとっても大変でした。

掘り起こしている間に周囲を均し、砕石を敷いてもらっています。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日、庭に落ちている枝などの整理をしていたら、フキノトウが出ていました。

そういえばこの場所のフキは太くてとてもおいしいのです。
今年から食べてみようかな。

クリックすると元のサイズで表示します

キンモクセイを伐採した際の小枝や葉が20cmくらいは積もっているので、多分、この下にフキノトウがいっぱい並んでいるかも。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ