タイ焼き  

今日は9月30日。
旧暦9月7日。

家庭用の固定電話を今日で解約します。
ここ数年は全然使っていませんでしたので、経費がもったいないから。

光電話も契約しても全然使わないで終わってしまいそう。

インターネットのフレッツ光も、同じく今日の23時59分ころで解約です。
明日からはスマートフォンのテザリングでインターネットを使用します。

テザリングも1年半前から契約していましたが、あまり使っていませんでした。

フレッツ光通信の約5000円を解約して、通信費を一本化することにしたわけです。

明日のブログアップがうまくゆくかどうかちょっと心配なので、今日この後からシミュレーションですw。


久々にタイ焼きしました。

小豆は味付けしていない茹で小豆を購入し、希少糖で好みの甘さにしました。
漉し餡は、漉さずにミキサーで砕いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

それが大成功。

舌触りは漉し餡そのもの。
しかも小豆の皮が残っているわけですから、食物繊維もたっぷりなわけでw。

クリックすると元のサイズで表示します

焼き立てタイ焼きはおいしいですよ。
タイ焼き屋さんで買って、そこですぐ食べれば同じことですがw。

ゴマナ  植物

今朝は新聞が届かない。
多分、忘れられたのでしょう。

以前もたびたび忘れられたことがありましたが、久々です。

いつもは4時半ころに届き、そのあとで起床します。
なんか、新聞屋さんより早起きしていちゃ悪いような気がしてw。

今朝も、そろそろかと思って待っていたのですが、バイクの音がなかなかやってきません。
仕方なく5時に起きてしまったのですが、6時半現在まだ届きません。

途中で交通事故にでもあって、倒れているんじゃないかと気になってしまいます。


ゴマナ。
ここ数年大群生で見事だった所が、今年はすっかり刈り払われ、藪の中にちょっとだけ残っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴマナはでもこの時期なら山際の田んぼ道でさえ見ることができますね。
里から山まで生育がありますから、秋の代表選手と言っていいかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します


カリガネソウ  植物

再生エネルギーを推進していこうという政策だったはずですが、電力会社の送電余力が足りなくなり、再生エネ買い取り制限が起きているとか、起きるとか。。。

経済産業省は、電力会社の送電容量を拡大できるような施策を検討するとのこと。

しかし、ゆくゆくは個人の生活圏の電気は個人で発電、蓄電してまかなえるようにしてゆくのが理想です。

電力会社の送電容量拡大に対応するよりは、再生エネルギーをさらにす推進してゆけるような施策を考えるべきじゃないかな。
送電容量拡大には3兆円を超す設備費が必要というし。

原発が稼働していなくても、供給が需要を上回っているのですから、原発再稼働の必要はさらさらないとも思います。

新経済産業大臣が過日、福島県を訪問した際、福島県の原発は廃炉するしかないでしょうと言いましたが、他の原発に関しては「最終的には企業が決めるべきこと」との発言でした。

企業に責任を廻さずに、国が政策としてリードすべき事柄じゃないのかな。
エネルギー問題は。

国が、そして新経済産業大臣も、ビジョンが曖昧なまま仕事をしているのじゃないですかね。

写真は私の台所の出窓。

クリックすると元のサイズで表示します

今はシラヒゲソウとカリガネソウが咲いています。

シラヒゲソウは花の形が崩れずに、1カ月くらいは楽しめます。
途中、うっかり水を切らしたので、開花の数は8コでした。
水を切らさなければ、13コの花だったようです。

カリガネソウは先日、遠出した時お土産屋さんでもとめました。
憧れ続けていたカリガネソウが、300円で出ていて、ちょっと哀れに感じ、慌ててしまいましたw。

花弁に淡い紫の覆輪があるように見え、斑が出ていませんから、園芸種なのかもしれません。

青いアマガエル  動物

昨日の夕方、娘一家と散歩に出た。
目的はクルミ拾い。

クルミはたくさん拾えたのですが、その時に青いアマガエルの話になった。

帰りの途中で、Yちゃんが、「青いカエルを見てみたいなあ」とつぶやいたのだ。

青いカエルを探しながら帰ってきたが、みつかる確率は当然低い。

そんなにたくさんいるわけじゃあないからね。

そうだね。

クリックすると元のサイズで表示します

ところが今朝、夜は室内に入れているイヌを外に出そうとしたら、サンダルの陰に青いカエルが。

なんと、カエルの方から玄関に入って来てくれていた!!

しかし、残念なことにすでに死んでいて、ややミイラ状態。
サクラちゃんの白い毛にまみれてしまっている。

花ちゃんは部屋に上げているが、サクラちゃんは玄関で夜を過ごすので、サクラがカエルをみつけて遊んでしまったらしい。

青い色のアマガエルは数年前にもみつけたことがあり、ちょうどその日に立ち寄った記者の知人が新聞に載せた。

しかし上司からは、「またその話題?」みたいな顔をされたと言っていた。

http://fauna.blog34.fc2.com/blog-entry-985.html

時々コメントを下さるクーミンさんもみつけたと言っていましたし、青い色のアマガエルはけっこういるのかもしれません。

この時期になると今年生まれのアマガエルもそこそこ大きくなっているので、目に留まりやすいのかもしれません。

野道を歩くときは、一応「空色カエル」を念頭に置くと、案外、出会えるかもしれませんよ。

http://mizunoikimono.seesaa.net/article/129011952.html



ノダケ  植物

夜明けからすっかり秋の空です。光です。
相馬地方は稲刈りが始まり、終わった田んぼは夕方ともなるともう初冬の風景です。


オオバセンキュウと同じくセリ科ですが、こちらはこれまたステキな赤紫色のノダケ。

クリックすると元のサイズで表示します

この時期のノダケには、例年、キアゲハの幼虫がいっぱいついています。
季節が進んで、食草となる植物が少なくなるからです。

ノダケは、キアゲハの最後の産卵で生まれた幼虫を養うためにあるような植物とも言えます。
しかし、今年は1匹も見ません。

クリックすると元のサイズで表示します

ノダケは虫喰いがないので完璧な美しさですが、環境の基本的な部分で何か大きな変化が起きているとしか思えません。

オオバセンキュウ  植物

大型のセリ科は似通って見え、苦手です。
でも花時はとってもきれいで、ついつい近づいて行きますw。

クリックすると元のサイズで表示します

オオバセンキュウは、でもこのクネッ、クネッがあるので分かりやすいです。

クリックすると元のサイズで表示します

近寄っても近寄ってもきれいです。

クリックすると元のサイズで表示します

近づくほどに驚きが大きくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

花が終わっても、こんなに大胆、それでいて超繊細。
こういうときは日本画家を目指さなかった人生が、本当に悔まれますw。

クリックすると元のサイズで表示します

サラシナショウマ  植物

サラシナショウマはオオバショウマより大型ですね。

太い真っ白なブラシそのものです。
葉はレンゲショウマととても似ています。

クリックすると元のサイズで表示します

雄花と両性花があります。
花の中央部あたりに見える、ちょっと幅広の白いのが雌蕊。

花には短い柄があります。

クリックすると元のサイズで表示します

背高のっぽもいますが、案外背の低いのもいます。
1mくらいのセンニンソウとあまり変わらないのもいますw。

クリックすると元のサイズで表示します

サラシナは更科ではなく、晒菜。
昔は若葉を茹で、水に晒してアクを抜き、おひたしで食べたそうです。

自宅から一番近くの群生地に入るには、現在、かなりの遠回りをして歩かなければならないのが残念。

今頃、あの生育地は斜面の一角を真っ白に埋めつくしていると想います。







コシオガマ  植物

山は今サラシナショウマ、オオバショウマが花盛りですね。

サラシナショウマを8倍レンズで覗いて遊んでいたら、あら、足元にコシオガマが。

クリックすると元のサイズで表示します

もう30分くらいもうろうろした後だったので、それまで気づかなかったのが不思議。
踏まなくてよかった〜。

クリックすると元のサイズで表示します

草刈りをまぬがれたのね。

コシオガマも踏まれるんじゃないかとハラハラしていたらしい。
存在に気づかれてホッとしているように見えましたw。




AutoPage最新お知らせ