コンロンソウ  植物

おなじみコンロウソウです。

初夏ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

カッコウやホトトギスの声が聞こえてきそう♪

セリバヤマブキ  植物

晴れて静かな朝です。

ヤマザクラにコゲラが来て、しきりに叩いていましたが、もう葉に隠されてその様子は見えなくなりました。

巣立ったホオジロの子やモズの子が、庭のオオモミジやイチジクに来ていましたが、その姿もあっというまに葉に隠れるようになりました。

野鳥の雛が巣立つと、初夏のライン内に入ったなという感じがします。

クリックすると元のサイズで表示します

セリバヤマブキは、葉がセリの葉のように裂れ込んでいるのが名の由来なのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

一見同じように見えるセリバも、よく見ると裂れこみの形は様々です。

クリックすると元のサイズで表示します

この群落は杉林の中にあり、震災前はセリバはさがせばみつかるていどでした。

しかし、今年はかなり増えていました。
いたるところ、せリバという感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

群落は大きい。
しかし、杉の葉が積もりに積もり、群落全体はやせ細っているように感じます。
この冬の雪で折れた杉も半端じゃない数なので、山はとても荒れています。

クリックすると元のサイズで表示します

一昔前なら落ちた杉の枝葉がこんなふうに放っておかれる状況なんて考えられませんでした。なにしろ、燃料でしたから。

こんなこと今さら口説いても仕様がないですね。
当人の私がもはや火を使っていないのですから。

自然のサイクルで維持される天然林もすばらしいですが、植林された里山は放棄されると目も当てられません。

天然林に戻るためにはやはり100年単位の時間が必要でしょう。

100年、200年をじっと見守れれば、それが一番いいことなのでしょうが、可能でしょうかね。

シロヤシオ  植物

南相馬市、飯舘村ではたくさん見られますが、相馬市では初めて出会いました。
同行の方が落花をみつけて持ってきてくれたので、大滝の上にまで出てさがしましたよw。
霊山にはありますね。

クリックすると元のサイズで表示します

シロヤシオは空が明るいと見上げてもなかなか見えません。
空が曇っていても、それでもなかなか見えません。
横からなら見えるのですが。


コアツモリソウ  植物

コアツモリソウは初めてです。
開花時期はクマガイソウと同じ5月20日ころからかなと思っていました。

ところが7日にちょっと寄ってみたら、もう開花が始まっていました!!
思ってもいない展開に「大変だ〜」という感じw。

クリックすると元のサイズで表示します

しか〜し、撮影し始めてすぐ気がつきました。
あまりに小さすぎて、横からしか撮影できません。

クリックすると元のサイズで表示します

崖のような斜面に出ているのならなんとか花も写せるかもしれませんが、何しろ、花の下にカメラが入れるだけの高さがありません。

図鑑などでよく見る花の写真は、移植して高さを確保しての撮影なのかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

後で考えるに、携帯電話なら薄いし、広角なので何とかなるかも。

数十株くらいあるかもしれませんが、花、つぼみはこの2株しかみつかりませんでした。

ユウシュンラン  植物

小さな小さなランです。

思いがけない出会いでした♪

クリックすると元のサイズで表示します

ギンランに似ていますが、たいていの場合ギンランよりはずっと小さいですね。
ギンランより角度が大きくなるまで開花します。

クリックすると元のサイズで表示します

マクロレンズを持っていたのにすっかり忘れていて、キャノンのパワーショットのみでの撮影でしたw。やれやれ・・・

和名のユウシュンが話題になることが多々あるらしいです。
ウィキペディアなどでご確認ください。

菜の花迷路  植物

連休が終わってそれだけでも気分的に落ち着いた感じ。

昨日は風が冷たかったですね。
海風はさらに冷たく風邪をひきそうでしたw。

買い物の帰りに菜の花畑に寄ることになりまして。

クリックすると元のサイズで表示します

津波被害が大きかった地区で、子供を失ったかたもおりますので、手放しでは楽しめません。
鯉のぼりは震災の年からずっと立ててありましたが、位置を変え、新しいのに取り替えてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

菜の花の中に迷路が2か所作られていて、Yちゃんの希望に2か所ともおつきあい。

クリックすると元のサイズで表示します

菜の花の香りに包まれ、花粉に黄色く染まって帰ってきましたw。

クリックすると元のサイズで表示します

菜の花畑はね、夜になってもとおっても明るいんだよ。

へ〜。じゃあ、夜も来てみようか。

車に戻る途中、Yちゃんがみつけたテントウムシの幼虫(だそうです)。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の写真もすべて iPhone です。



フチゲオオバキスミレ  植物

輝くばかりの朝日が昇ってきて、今朝の風景はドラマチックです。
光が真横からで、影が深いからでしょうか。

ホオジロの幼鳥とおぼしき2羽が、庭のカエデにやってきました。
大きさはもう成鳥と同じくらいになっていますが、しぐさがなんとも幼い。

さてキスミレ。
ちょっと早いかなとも思いましたが、もう第2花になっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

あと1コのつぼみを残しています。

クリックすると元のサイズで表示します

花弁の裏側に暗赤色を差す部分があるのが大きな特徴のスミレです。
つまり、しっかり閉じているつぼみの時は暗赤色ということです。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマブキソウ  植物

今にも雨が落ちてきそう。
寒いし。

でも予報は「後、晴れ」
晴れて暖かくなってから出かけることにしよう・・・

ヤマブキソウも晴れた日にはとてもきれいです。

クリックすると元のサイズで表示します

雄蕊の影まで美しく感じちゃってw。

でもヤマブキソウは雨にあたるとくしゃくしゃな姿になっちゃうんですよね。
花弁が薄く、大きいので雨滴の重量を支えきれないのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

半日陰のようなところが好きなせいで、葉も茎もやわらかいのでしょう。
雨に打たれるとまるでしおれたように形を崩してしまいます。

あ。
雨が落ちてきました。




AutoPage最新お知らせ