ケンとメリー  

  いつだって どこにだって 果てしない空を風はうたってゆくさ

       今だけの歌を 心はあるかい 愛はあるのかい


クリックすると元のサイズで表示します

秋を感じる涼しい風に吹かれるようになったからか・・・
ふと気づくと、心の中でこの歌をよく歌っているw。

題名は知らない。
歌っていた人も知らない。
ずっと昔、日産のスカイラインのコマーシャルに使われていた歌。


  ああ、愛の〜スカ〜イライン 

ここまで歌うと50歳以上の人はたいがいご存じかもしれませんね。

いろいろ検索をかけてみたら、『ケンとメリー 〜愛と風のように〜」という歌だった。

CDがみつかったので購入。
なんと800円だった!!

道の向こうへ出かけよう 今が通り過ぎてゆく前に

  ああ〜 愛と風のように 

クリックすると元のサイズで表示します

  いつだって どこにだって

    知らない町を 風は歌ってゆくさ 二人の愛を

  心はあるかい 愛はあるのかい


どうして心のどこかでこの歌を歌っているのか分からないけど、多分現在のリズムにぴったりなのだと思う。

CDの声もとってもステキ。

明日はいっぱい聞こうw。


コハクチョウ  

翼を折ってしまったことから、この春、北に戻れなかったコハクチョウ。

夏の猛暑も橋の下など涼しい所でやり過ごし、今も元気でおります。

クリックすると元のサイズで表示します

骨折したオオハクチョウ若1羽と一緒に残ったのですが、オオハクチョウ若は治癒したのでしょう、5月末にはもう姿を見なくなりました。

近所の方の話では、何度か飛翔テストのようなことを繰り返していたそうです。

おそらく心身ともに満を持して、北をめざしたものと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します

このコハクチョウが過ごしている所は、ミクリをはじめとする水草や藻が豊富です。
底も浅いので、水に浮き、足で掻いて浮きあがって来る水草やその根に絡んでいるものを食べて十分なようです。

それでも不憫に思うのでしょう。
餌を届けてくれる人が3組くらいいるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

あと1カ月もすればハクチョウが飛来するでしょう。
第一陣は例年10月20日前後です。

クリックすると元のサイズで表示します

シリアでの化学兵器使用で死んでしまったと思われていた幼い男児と父親の再会が、世界中に感動を呼び起こしていますが、ハクチョウたちもきっと再会を喜び合うでしょう。

ハクチョウは知り合いをちゃんと記憶していて、再会の際は見ていて大げさなくらいに喜びの感情を表現をします。

脚の骨折でしばらく一緒に過ごしたあのオオハクチョウが、知り合いをたくさん案内して挨拶に来るはずです。







AutoPage最新お知らせ