オオバグミ  植物

オオバグミは海岸の崖やその近くで見られる、ナツグミなどよりはかなり大きな葉を持つグミです。

福島県では海岸整備などで生育環境が失われたりで、準絶滅危惧です。

クリックすると元のサイズで表示します

そんなオオバグミに阿武隈山系で出会いました。
太平洋からの距離を測ってみたら 10km あります。

太平洋から 10km って、この温暖化が進む現在ではさほど驚くにはあたらないのかもしれません。

もしも鳥の糞の中の種子が落下したとして、十分芽を出せる温暖さだと思えます。

クリックすると元のサイズで表示します

花は晩秋なので、そのころまた行ってみることにします。




AutoPage最新お知らせ