アマドコロ  植物

自宅前の杉林の中で育ったカラスの子が、今朝巣立ちました。
アーアーと甘えのこもった声でしょっちゅう鳴くのでうるさいくらいです。

両親は互いに20〜30mくらいの距離をとったところにいて(時々位置を変える)、その間を子供が低く飛んで行き来しています。

子供がうるさいくらい鳴いても、親はあまり関心を見せず、母に反応がないので子は父のもとへ。父が反応してくれないので母のもとへ、というふうです。

見守ってはいるのですが、無視して見せることにより、子の心身を鍛錬しているようです。


雨降りで出かけていないので、今日は庭のアマドコロの写真です。
いっぱいふえて、春先に1,2回は食べられるようになっていたのですが、原発事故以来食べていません。

アマドコロは本当に甘くておいしいのです。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ