稀少植物  植物

7月6日に確認された相馬地方の稀少植物を写真でご報告いたします。

アズマツメクサ
クリックすると元のサイズで表示します

コンパクトデジカメと較べるとその大きさがだいたい分かるでしょうか。

ベンケイソウ科の小さな植物ですが、この大きさですとツメクサ(ナデシコ科)にそっくりです。
しかし育ちが良くなると、ツメクサというよりはやはりベンケイソウ科のマンネングサのように、もうちょっとコンモリの株になるようです。

これでも茎頂に花をつけ、種子を形成し始めていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ウミミドリ
クリックすると元のサイズで表示します

こんなふうに草に埋もれた形でも群落を作っていましたが、どちらかというと下の写真のように他の植物のない環境が好きな植物です。

9日にも再度見てまいりましたが、1000株くらいはあるように感じました。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒメコウガイゼキショウ
クリックすると元のサイズで表示します
緑の葉に囲まれた中心部の背丈の低いほうがヒメコウガイゼキショウです。
普通のコウガイゼキショウよりずっと小さいです。

ホザキノフサモ
クリックすると元のサイズで表示します
花穂を立てているのはありませんでした。
相馬市新田地区ではおよそ2kmにわたって水路に生育がありましたが、現在周辺の水路は底から掘り上げる工事をやっているので、どの程度残るか残らないかが気になっています。

チャボイ
クリックすると元のサイズで表示します
チャボイは今回撮影し忘れまして、昨年の相馬市での写真です。
昨年教えていただいていたので、今回の調査でみつけることができました。

コウキヤガラ
クリックすると元のサイズで表示します
コウキヤガラは福島県絶滅危惧Uですが、津波後、相馬市でも群生が見られています。
新地町でも希少種とは思えないほどの大群生ができていました。
しかしこの光景はもしかしたら幻のように一時のものなのかもしれません。
すぐそばでは巨大な重機が稼働し、復興工事が着々と進んでいます。

このほかミズアオイ、タコノアシも確認されています。

調査風景
クリックすると元のサイズで表示します
中央の水の下をホザキノフサモが埋めています。
数種のトンボ、アメンボ、などがたくさんいました。


ノカンゾウ  植物

ノカンゾウは相馬市ではたまに見かけますが、南相馬市では珍しいくらいです。
写真のノカンゾウは相馬市のものです。

クリックすると元のサイズで表示します

花粉をいっぱい吐き出しています。
すばらしい光景ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと距離を置いて見るノカンゾウが、もっともノカンゾウらしい風情かも。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ