浜辺  植物

晴れたり曇ったり雨が降ったりと梅雨らしい気まぐれさです。
でも、酷暑の前のしのぎやすさと思えばありがたいです。

浜辺では植物たちももう今年の成果をあげています。

ハマヒルガオ
クリックすると元のサイズで表示します

ハマエンドウ
クリックすると元のサイズで表示します

ウスベニツメクサ
クリックすると元のサイズで表示します

オニハマダイコン
クリックすると元のサイズで表示します

外来種であるこのオニハマダイコンは津波でずいぶん生育範囲を広げたのだと感じます。
砂浜のいたるところに若い株が散らばっています。
根がすっごく長いんですよね。

オカヒジキ
クリックすると元のサイズで表示します

オカヒジキも津波に乗って親戚縁者、子孫を拡散させた植物です。
オカヒジキはまだ種子をつけるまではいっていませんでした。

あまりにきれいなので、ちょっと摘んできて夕食の味噌汁にして、みんなでごちそうになりました。

野のものをいただくのは久しぶりです。
やっぱり楽しいですね。
砂はていねいすぎるくらいに洗い流したのですが、ちゃんと潮の味がしました。




AutoPage最新お知らせ