シキミ  植物

ようやくシキミに出会えました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎日大風が続いていたので、ブレブレの写真しか撮れませんでしたが、ようやくまあまあのものになりましたw。

シキミは枕花や墓前の供花として知られますが、有毒植物でもあるせいか庭木ではめったに見かけません。

クリックすると元のサイズで表示します

浪江町で1株、南相馬市で1株、相馬市で3か所数十株の確認だけです。
浪江町のシキミは山の縁にあり3mくらいの古木で毎年花を咲かせていましたが、数年前に道路拡幅工事で伐られてしまいました。

南相馬市では国見山で、相馬市では標高の低い照葉樹林内や杉林で。

当地方が開発以前は照葉樹でおおわれていたことを考えると、組成樹としては外せない重要な種と考えています。

クリックすると元のサイズで表示します

実際、相馬市ではシラカシ、アカガシ、シロダモ、ヤブツバキ、アオキ、ヒサカキなどで構成される照葉樹林内での生育です。

杉林内も下草刈りがなされているにもかかわらず、アオキ、ヒサカキ、アカガシ、シラカシなどが顔を出しているところを見ると、やはり潜在植生は照葉樹なのです。

祝 入園  

昨日はYちゃんの入園式。
お祝いのお赤飯を炊いたのですが、ちょっと赤くなりすぎちゃった。
土産にいただいていた桜の塩漬けを使っておしゃれに、が目的でもあったのに、桜が見えませ〜ん。
お味は大変よかったですw。Yちゃんもいっぱい食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

園児には黄色がよく似あいます。
ヒヨコを連想させるからでしょうかw。

クリックすると元のサイズで表示します

庭のスイセンと一体感がありますねw。

クリックすると元のサイズで表示します

相馬市の和田地区に至る道はこの時期、水仙ロードになります。
宇多川にかかる百間橋北側から小泉の八坂神社まで、約2km以上に渡って続きます。

津波の被害は小さかったものの、その後の工事でスイセンがなくなってしまった区間もありますが、徐々に復活してゆくでしょう。
余談ですが、この道は秋には彼岸花ロードになります。

写真は昨年のものです。

クリックすると元のサイズで表示します




AutoPage最新お知らせ