ハクチョウ  

猪苗代湖に集結したハクチョウたちが北へ旅立ち始めた様子をテレビでやっていました。

今、猪苗代湖まで連れてってあげたら、あのハクチョウたちも仲間の飛翔につられて飛び立つのではないかしら。
つい、そんなことを思って見ていました。

我が集落にまだ居残っているオオハクチョウ。
クリックすると元のサイズで表示します

一昨夕から田んぼに水がなくなり、昨朝はどうしたものか農地・水・環境の役員で話しあいを持ちました。
結果、可能ならば捕獲して保護センターに届けようということになったものの、土曜日なので県との連絡が取れない状況。

ようやく自然保護課とつながったが、保護課では無理に捕獲するとショック死することもあるので、弱ってから連絡してくださいとのこと。

今朝のオオハクチョウは300mほど移動していましたw。
キツネにでも追いかけられたのでしょうか。
いつもは写真左奥の小高い所に見える神社の下の田んぼにいます。
クリックすると元のサイズで表示します

そもそもどうして田んぼの水が急激に枯れてしまったのかというと、水利担当者にあたって分かったことだが、上流にあるダムが水を止めてしまったからなのでした。

長くなるのではしょりますが、土曜日ではあったが何人かの担当者をへて放流を再開してもらうことができました。なにしろ、肝心の本流さえ水がなくなり普通の靴で渡れてしまうほど干上がってしまっていたのですから。これでは魚などもかなりダメージをうけたのではないでしょうか。

放流再開してもすぐに田んぼに水が入るわけではありません。
半日くらいかかって分水が下って来るので、夜に間に合うはずはありません。
ハクチョウが夜を無事に越せるかどうかでしたが、今朝も体調はよさそうです。

そもそも羽ばたけるのになぜ飛び立てないのかが分かりません。
この地で暮らすことを決め、飛び立つ気がないのかもしれませんが、そんなことってあるかしら?

地区一帯をついでに巡回してみたら、なんともう一羽のオオハクチョウが残っていました。
首の上部から頭が茶色のハクチョウです。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなふうなハクチョウが近所の田んぼにも来ましたが、あの個体はもっと明るい黄色だったような。。。

クリックすると元のサイズで表示します

タネツケバナが満開の田んぼにのどかな光景ですが、どうも違和感がありますw。

この1羽を入れて、地区に残っているハクチョウは3羽です。
「野生」であることを念頭に、あまり情を差し入れないように心がけます。




AutoPage最新お知らせ