シュンラン  植物

シュンランの花はうまく撮れたことがない。
今日のこの写真がこれまでで一番まともかも。

クリックすると元のサイズで表示します

シュンランがたくさんある山だったが、ほとんど食べられている。
ノウサギかな? カモシカかな?

写真の個体も葉を食べられているが花芽が残っていた。
株立ちになったアブラツツジの根元ちかくにいたのが幸いしたらしい。

ということは、食べたのはノウサギではなく、頭がつかえてしまうカモシカということになる。
写真左上のグレーの線が、それと意図せずにシュンランを守ることになったアブラツツジであるw。

キクザキイチゲ  植物

20年くらい前には南相馬市の新田川林道でも見られたキクザキイチゲ。
現在では紫花は失われている。

シロバナキクザキイチゲはいたるところで見られるものの、紫花に出会うとつい以前の光景を思い出してしまう。

この写真は相馬市でのもの。咲き初めである。
けっこうな株数が見られた。

クリックすると元のサイズで表示します

新地町の鹿狼山でも見ることができる。

スハマソウ  植物

春一番に咲くのはフクジュソウ、次がオウレン、その次がスハマソウ、その次がイワウチワ、その次がアカヤシオ、トウゴクサバノオ、タニギキョウ、クワガタソウと続いてゆく。

今はスハマソウの花期である。
春植物は花の時期に探さないとその後はなかなかみつけにくくなる。

それで、探し続けていました、相馬市のスハマソウ。
そしてみつけました、相馬市のスハマソウ。

クリックすると元のサイズで表示します

聞き取りでは30年前の生育情報ばかりで、採取した位置さえもう定かではないものばかりだった。そんな中、一昨夜、有力情報をいただいた。

そして昨日いさんで出かけたわけです。
現地が近付くともう胸がドキドキ。
歩いているうちにドキドキは治まりましたw。
足元ばかりでなく他にも目配りが必要とされますからねw。

クリックすると元のサイズで表示します

ところがなかなか出合えなくて、情報をくださった方に電話を入れてしまいました。
そしたら、入り口を間違えたままかなりの距離を歩いていたことがわかったのだ。
戻るしかない。

同じ道を戻っても仕方がないので別ルートをとることにした。
天気はいいし、山はまだ冬枯れを回復せず明るいし、初めての山だし、、、。
おや? あの音はクマではないな。ノウサギでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します

そしたら、突然スハマソウ群落のただ中に立っていたんですねw。

道を間違わなければなかった出会いです。
そして、「みつからないんですけど〜」と電話をしていなければ、その群落を情報の群落と思いこんでしまったでしょう。

南相馬市での生育地は5か所あり、その中にはピンクのガク片を持つもの、ピンクの葯を持つものなどありますが、昨日の相馬市の地点では白のガク片、白の葯ばかり。

1か所で立ったままカウンターを使ったら、花(ガク片)の数は152。
生育面積は広く株数はおそらく数百株は下らないと見た。

イワウチワに入る前に、スハマソウをあと2か所やっておきたい。

今年の花は早く、里近くのアカヤシオはもう開きかけている。早すぎ!!




AutoPage最新お知らせ