練りきり  

最近、豆類が食べたくていろいろな豆を茹でている。

アズキはもちろん、インゲン、ガルバンゾーなどなど。
茹でてそのまま食べたり、思いつきでいろんな料理に放り込んで使っている。

先週は白花豆を茹でた。
半分は茹で空豆を食べるように、はじいておやつで食べ、半分は白餡にした。

昨日は急きょ正午から用事ができたうえ、Yちゃんを朝から預かることになった。
それで、作って置いた白花豆の餡を元に練りきりを作り、桜の生菓子つくりをして遊んだw。

粘土遊びと同じようなものだから、最初から笑い声が絶えなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

型抜きを使うので、簡単、簡単。
ピンクは食紅。
緑は抹茶。中に白い練りきりお団子が入っていて、外側は緑の練りきりの裏ごしでくるんでいる。ミノムシの家みたいにしたかったが、裏ごしの目がちょっと細か過ぎたようだ。

今回は時間がないので2色だけで作れるものにした。
残った練りきりは小さなお団子に。

ピンクのお団子でサクランボを作りたかったが、松葉は放射能で汚れているかもしれないので、説明だけで楊枝で食べた。

手製は砂糖の量が分かるのがいい。
昨日はレシピの半分の砂糖だったが、それでもけっこう甘かった。

お湯丸で遊ぶための型をいろいろ作ってあるので、次はアンモナイトや貝、三葉虫の生菓子を作ろうw。




AutoPage最新お知らせ