コセリバオウレン2  植物

コセリバオウレンの葉の形は3回3出複葉。
セリバオウレンは2回3出複葉。

この数え方がなかなかむずかしい。

以前、分かりやすいように作った資料がありますので、ちょっとUPしてみます。
資料に使った葉は南相馬市のコセリバオウレンです。

rrotirzoiej.docx

下の資料は福島県植物誌、レッドデータブックふくしまT、他手持ちの各図鑑でのコセリバオウレンの取り扱い方を比較したものです。

rzoiee.docx


コセリバオウレン1  植物

コセリバオウレン、行ってみれば、やっぱり咲いていました!!
この生育地はセリバとコセリバが混生しているような気がします。

2回3出葉と3回3出葉の違いなのですが、生育不良というのはないのだろうか?
葉の繊細さからコセリバのように見えるものでも、2回3出になっている葉もあり、遺伝子検査を楽しみにしています。

昨日よりはきれいに撮れましたので、たくさんUPさせてくださいw。

これはセリバ
クリックすると元のサイズで表示します

これはコセリバ
クリックすると元のサイズで表示します

コセリバ
クリックすると元のサイズで表示します

これもコセリバ
クリックすると元のサイズで表示します

生育地は杉が植林されてしまっていて、大風が続いているせいか落葉落枝がひどい。
セリバオウレンが杉の落葉に埋まってしまっている。

少しは整理をしないと光合成ができなくなるし、なにより杉葉の下に埋もれてしまいそう。
幹が途中から折れてしまっているのも近くに数本。

クリックすると元のサイズで表示します

除染の必要というより、林床の整理、掃除が必要ではないかと思うのです。

クリックすると元のサイズで表示します

林床全体なら理想ですが、セリバオウレンの生育範囲だけでも落葉を整理できれば。。。

スハマソウ  植物

穏やかな朝である。
どこかで誰かが枯れ草を燃やしているらしく、うっすらと白い煙がたなびいている。

スハマソウが開花しているころだ。
今年の花の写真撮影も気がもめる時期だが、あらたな生育地さがしもかねて昨日はあちこち歩いてきた。

最初は放射線量を測定しながら歩いていたが、そのうちすっかり忘れてしまっていたw。

クリックすると元のサイズで表示します

スハマソウさがしは空打ち。
探してみつかるというものではないから、別にがっかりではない。
新たなカヤランやエビネには出会った。

クリックすると元のサイズで表示します

カヤランは撮影しやすい低い位置にも着生していて、今年の花時が楽しみである。

常に新しいデータで仕事をしたいから、けっこう歩いてきた。
しかし、調査などの仕事が入るとそうもいかなくなってしまう。
確認が先になってしまうからだ。

特別な目的なしにあてもなく歩き、結果さまざまな植物に出会い、データを蓄積できるというのが理想で、長年の夢でもあったので、その夢が叶いつつあるうれしさがある。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は別の場所のオウレンを覗いてから、また山に入ってみよう。


セリバオウレン  植物

3月3日にはまだ花茎も立っていなかったのに。

クリックすると元のサイズで表示します

もう受粉が済んで子房が膨らみはじめています。

クリックすると元のサイズで表示します

この時期はグズグズしていられません。
早春の植物は本当に勤勉で、一刻たりとも休まないからです。

クリックすると元のサイズで表示します

モズ  

裏庭のイチヂクにやってきたモズ。
2羽で来るようになったから、巣作りしているのかもね。

クリックすると元のサイズで表示します

明るい陽射しだったのに、なぜか絵のような感じになっちゃって。

クリックすると元のサイズで表示します

モズは目で見るのと写真では、いつも雰囲気が違うのが不思議。

クリックすると元のサイズで表示します

モズのはやにえはまだ一度も見たことがない。
虫やカエル、バッタなどを食べているのは何度も見ているのにね。

クリックすると元のサイズで表示します

アズマイチゲ  植物

きれいに撮れませんでしたが・・・

アズマイチゲ、開花直前です。

クリックすると元のサイズで表示します

パポニア・インテル・メディア  植物

毎日なにげなく見ていたパボニア・インテル・メディア。
年末にすでにこのような姿だったので、水やりのときもあまり気にしていませんでした。

http://sky.ap.teacup.com/applet/warou/20121219/archive

そしたら、花が咲いていたのです!!!
花弁のように見えるピンクの部分は萼片で、もう何か月も前からこの状態でした。
我が家は寒いから、花は咲かないだろうとあきらめていました。

クリックすると元のサイズで表示します

紫色の粒粒が花粉のかたまりです!!!
数えてみたら萼片は12枚あります。

クリックすると元のサイズで表示します

よおく見ると、花粉をいっぱい飛ばしています。
種子を作るのかなあ。
楽しみ楽しみ♪

北帰行  

昨日の「コハクチョウ」でコハクチョウ4羽がまだ残っていると書きましたが、今朝見に行ったらコハクチョウ3羽、オオハクチョウ1羽でした。

本日の写真では右端にいるのがオオハクチョウ、昨日の写真では右から2番目にいるのがオオハクチョウです。

クリックすると元のサイズで表示します

残っていたオオハクチョウ6羽は最初に飛来したファミリーだったのに、どうして1羽だけ別行動をとることにしたのでしょう。

もう一人立ちの時期になったということなのでしょうが。。。

またコハクチョウ4羽もファミリーかと思っていましたが、どうして1羽だけ先に帰っちゃったのでしょう。

ハクチョウたちも個人の考えが尊重されているのだと想わないわけにはゆきません。

きっとまた戻った先で合流するのだとは思いますが。




AutoPage最新お知らせ