船岡城址公園(宮城県柴田町)  植物

昨日、柴田町を訪れた際、せっかくなので船岡城址に登ってみました。

15年くらい前に母を花見に連れてって以来です。

クリックすると元のサイズで表示します

八重桜が咲いていましたが、ツツジの時期に移ったところです。

クリックすると元のサイズで表示します

昔の公園はヤマツツジなど山の木を移植したので、見事なヤマツツジを見ることができます。

南相馬市の夜の森公園の北斜面や二見町の公園も見事なヤマツツジが見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

オオアラセイトウも肥料たっぷりの見事な立ち姿です。
しばたの歴史みらい館の庭にもありましたね。

村田町の物産館ではこのオオアラセイトウとダイコンの花が、切り花として販売されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

周辺はコナラやクヌギの自然林で新緑がすばらしかったです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

当然「樅の木は残った」の記念碑が建っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このモミの木の裏側に回ると、白石川と東北本線、一目千本桜が一望でした。
こんなふうに、自分の住む街を一望できる場所があるというのは幸せなことですね。

数年前までにはなかった、なにかモダンな橋がかかっています。

クリックすると元のサイズで表示します

白石川土手の遊歩道から東北本線をまたいで城址に出られるようにしたのかもしれませんね。

帰宅してGoogle Earth で確認したら、2014年の写真では工事中らしい画像でした。
つい最近作られたようですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クヌギの雄花も満開です。

ゴールデンウィークの晴れた一日を過ごすのにもってこいの公園です。






この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ